雨漏りの生活救急車は、横須賀市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 横須賀市

横須賀市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    横須賀市

    横須賀市内にある自宅の屋根が変色してしまい、色あせの外観の悪さに悩んでいました。なんとかしたいと考え、すぐに専門の修理業者に連絡を入れたのです。するとその日のうちに下見に訪れて素早く見積もりを出してもらうことができました。スタッフの人は臨機応変に柔軟な対応をとってくれ、予算の範囲内でリーズナブルな料金で修理をしてもらえることになり、大変満足しています。
    おかげさまで我が家の屋根は色あせ部分を綺麗に塗りなおすことができ、まるで新築の頃のような輝きを取り戻すことができたのです。職人の腕は確かで長年の経験を駆使して美しい仕上がりを叶えてくれました。今後も何かあればすぐに頼りにしたいと家族みんなで話しています。本当にありがたいと感謝しています。

  • エリア情報
    横須賀市

    台風が通り過ぎた後に自宅の屋根から軋んだような音がするようになり、収まる様子もなく心配だったので業者の方に点検を依頼しました。
    実際に家に来てもらって点検してもらったところ、元々さびて劣化していた部分が台風の影響によって破損していたとのことでした。修理が必要とのことだったので修理してもらったところ、とても手際よく丁寧に作業をしてくれてしっかりと直してもらえたのでプロフェッショナルな感じでとても良かったです。おかげで屋根から軋むような音がすることもなくなりましたしとても満足のいく結果を得ることができました。
    また屋根のことで何かあればご相談させていただきたいと思っています。屋根のことでお悩みの方も思い切って相談してみることをおすすめします。

  • エリア情報
    横須賀市

    横須賀市にある築15年の家の屋根から雨漏りが発生したので、地元の業者に頼んでみてもらいました。少し前の大きな台風の影響で屋根が剥がれた箇所があるらしく、屋根材も傷んでいたので交換してもらいました。電話で修復を依頼するとすぐに現場まで来て見積もりをして、修復内容と料金の説明がありました。修復箇所が多そうなので高い料金になるかと予想していましたが、実際は安く修理ができたので満足しています。台風の影響で瓦等の屋根がずれると建物の耐久性まで悪くなるので、放置しておかずにすぐに連絡した方が良いとの事でした。雨漏りに気がついたのですぐに連絡して良かったですが、放置していると屋根から入った水で建物が腐って傷みやすくなるので早めの対処をして正解でした。

  • エリア情報
    横須賀市

    横須賀市の自宅は、駅から近い立地を優先して購入した中古住宅であり、築年数も30年経過していました。
    屋根も雨漏りは発生していませんでしたが、紫外線などの影響で、色が変わっているのが外観でもわかるほど老朽化していました。
    部分的にひび割れてしている箇所もあり、このまま放置すると雨漏りが発生する恐れもあったので、屋根のリフォームを行うことにしました。
    屋根瓦を使っている住宅だったので、すべての屋根瓦を新しいスレート材に購入するように専門業者に依頼しました。
    来てくれた職人さんは、屋根ふき材の取り外し作業も非常に丁寧であり、近隣のこともしっかりと考えて作業を行ってくれました。
    隣に住んでいる人に迷惑をかけてしまうことを懸念していましたが、丁寧な作業をしてくれてとても満足です。

  • エリア情報
    横須賀市

    横須賀市の山があるエリアの家で、山の陰になっている場所が多かったせいか、石畳などにもコケが生えやすいとは思っていました。足元のコケには注意が向いたものの、屋根にまで生えているとは思いもせず、隣家のかたから教えていただいて、ようやく気付くことができました。スレート屋根の少し角度が変わったようなところに雨水が溜まり、山の陰で乾きにくい位置にコケが増えているような感じでした。早めに洗浄してもらったほうが良いらしいと検索で知り、近所の業者さんに依頼しました。長い目で見れば、思い切って葺き替え工事をしたほうが良いかとも考えたのですが、雨漏りなどの被害はなかったので、まずは洗浄していただくことにしました。傷みがあるところもスピーディーに修復していただき、ますは一安心です。葺き替えについても、実行するときのために業者さんから情報をいただきつつ、自分でも調べておこうと思いました。

雨漏りのお役立ち情報

  • 「屋根の雨漏りを今すぐ止めたい!」
    屋根の雨漏りは業者に頼むのが、一番確実で迅速な方法です。
    しかし、雨漏りで実害が発生しているとなれば、業者が駆けつける間に応急処置だけでも行う必要があります。
    この記事では、今すぐに雨漏りを止める方法を難易度別に三段階でお伝えします。

  • どんな建物であっても新築から10年、20年と長い年月が経つにつれ、老朽化によるトラブルが起こりやすくなってくるものです。なかでも「雨漏り」は生活にも深刻な影響が出る重大なトラブルです。
    雨漏りは経年劣化によって起こりやすいトラブルの1つで、メンテナンス不足や建築部材や構造上の問題などによっても発生リスクが高くなります。
    そこで、ここでは具体的にどんな建物が雨漏りリスクが高いのか、いくつかのポイントを挙げてその原因について考えていきましょう。

  • 雨の日になると、天井から雨水がぽたぽたと垂れてくるのは、いわゆる「雨漏り」の状態です。
    現代の住宅において、ここまでひどい雨漏りは稀なケースかもしれません。
    しかし「小さな雨染みができる程度の雨漏り」は、意外と多く発生しています。
    「この程度なら、晴れればすぐに乾いてしまうはず!」と考えるのは危険です。
    雨漏りを放置するリスクについて、詳しく教えます。

  • マンションは戸建に比べて、雨漏りの診断が難しいといわれています。集合住宅という性質上、雨水の侵入だけが原因ではなく、上階からの水漏れの可能性もあるからです。原因が水漏れだった場合、その原因箇所が専有部分か共有部分かで対応や修理費用の負担責任が異なります。そこで、マンションで考えられる雨漏り・水漏れの原因や対応方法を紹介します。また、ご近所トラブルにもなりうる水漏れを発生させないために、暮らしのなかで気をつけたいことも考えてみましょう。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方