雨漏りの生活救急車は、仙台市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 仙台市青葉区
  • 仙台市宮城野区
  • 仙台市若林区
  • 仙台市太白区
  • 仙台市泉区

仙台市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    仙台市泉区

    我が家は一戸建ての二世帯注文住宅ですが、屋根は丈夫なガルバリウム鋼板です。そのため、色あせが気にならないのであれば、あまり塗装メンテナンスを気にしなくても良いといわれました。でも、築10年を経過したあたりから、屋根に設置された雪止めの金具が錆びて、そのサビの色が屋根を流れて汚くなっているのに気づきました。しかも、もともとは美しい緑色だった屋根が色あせて、せっかくのマイホームが台無しです。そこで、チョーキング現象を起こしていた外壁塗装をおこなうのと同時に、色あせた屋根塗装もおこなったところ、もともとの美しい色彩が蘇ったのです。一戸建て住宅などには定期的なメンテナンスをして雨漏りを防ぐことも重要ですが、やはり外観の美しさも大切だと感じました。

  • エリア情報
    仙台市宮城野区

    仙台市宮城野区の自宅で、屋根の張替えを経験しました。屋根の材料はカラーベストです。建築後、20年ほど放置していて、見るからに劣化した感じでした。色が変わってつやもなく、みすぼらしい感じでしたが、忙しさのあまり放置していました。ある台風の日、屋根の一部が強風に飛ばされ、いよいよ修理が必要な状態となりました。修理を依頼したのは、以前から顔見知りのリフォームの会社の方です。見積りをしてもらい、部分的な改修ではなく、全面的な張替えが必要との指摘を受け、納得してお願いすることにしました。次は簡単に壊れないようにしようと、材料を選ぶ事にしました。鉄板系でも簡単にサビないものにしようと相談したところ、フッ素鋼板が良いとアドバイスを受けました。初期費用は高くなりますが、メンテナンスの費用を抑えられるので、フッ素鋼板で張替えをお願いしました。

  • エリア情報
    仙台市若林区

    先日、大雨が降った日の翌日に、2階の天井に雨漏りが発生しているのを見つけました。これまで雨漏りを経験したことはなく、雨漏りがしていると、家全体が腐ってしまうというイメージがあったので、私はあわてて業者に連絡をしました。業者に屋根にあがって見てもらったところ、屋根が一部剥がれてしまっているところがありました。このままではますます被害が広がるばかりということで、すぐに修理を依頼しました。
    修理を依頼したものの、気になるのはやはりその費用です。私たちが頼んだ業者は、どのような素材の屋根をどれだけ使うのかなど、細かく見積もりを記載してくれたので、信頼してお任せすることができました。今回費用はかかってしまいましたが、無事に屋根の剥がれも治ったので、今では安心して生活することができています。

  • エリア情報
    仙台市太白区

    1か月ほど前に、隣の家の奥さんがわが家を訪ねて、我が家の屋根の瓦がずれているように見えるということを教えてくれました。我が家は2階建てですが、隣の家は3階建てです。そして3階のベランダに毎日洗濯物を干していて、我が家の瓦がずれているように感じると教えてくれたのです。隣の家にあがらせてもらい、実際にわが家の屋根を見てみると、確かに一部分だけずれているように見えます。気になった私は、すぐに業者に連絡をしました。
    業者に見てもらうと、確かにズレが生じているということです。このままの状態で雨が降ると雨漏りにつながる可能性もあるということから、雨が降る前に修理をお願いすることにしました。週間天気予報では四日後に雨が降る予想になっていたので、大慌てで二日後に修理をしてもらうことになりました。迅速に対応していただけ、本当にありがたく思いました。

  • エリア情報
    仙台市青葉区

    仙台市青葉区の自宅で、雨漏りを体験しました。自宅の屋根は亜鉛鉄板で、形が複雑なため、谷の部分にサビができていました。簡単には雨漏りしないだろうと放置していたところ、ある雨の日、突然、下の部屋の天井から雨水が落下してきました。始めはどこから漏っているのかわからず、すぐに、屋根の修理をしてくれる会社に電話しました。とりあえず、バケツで雨水を受け、雨が晴れるのを待つようにと指示を受けました。翌日、担当の方がみえて、屋根に上ってくれました。状況は予想していた部分がサビて穴があいていたそうです。さっそく鉄板で補修をしてもらうと共に、屋根全体を塗装替えしてもらうことにしました。サビはそこだけでなく、あちこちに見つかったので、全面的な塗装替えが必要とのことでした。費用は全て含めても百万円ほどで、思ったよりも安く済みました。

雨漏りのお役立ち情報

  • 住宅の雨漏りを放置すると、それが原因で漏電してしまうことがあります。
    また漏電よりも危険なのが、電気と水が接触して起こる火災です。
    これは他人事ではありません。<br>「漏電」+「雨漏り」による火災はどんな住宅にもあり得ることを覚えておきましょう。

  • 自宅が雨漏りをしていると気になるため、原因を突き止めようと専門業者に依頼して行う調査を検討することがあるでしょう。しかし、実は雨漏りの調査に関しては、調査をするべきときと、する必要がないときがあるのです。雨漏りの調査をするだけで費用がかかりますから、調査をするべきときを見極めてサービスを利用することが重要といえるでしょう。この記事では、雨漏りの調査が必要なときと調査が必要ではないときを、具体的に解説していきます。

  • 自宅が雨漏りしてしまったときには、専門的な技術や知識を持った業者に依頼する必要がありますが、自分でできる雨漏りの応急処置を覚えておくと、もしものときに被害を最小限に抑えることができます。雨漏りの応急処置の方法の中には比較的簡単にできるものもあるため、被害の状況に合わせて試してみると良いでしょう。この記事では、業者が到着するまでに自分で行うことができる雨漏りの対処方法について解説していきます。

  • 雨漏りというと、天井からポタポタと雨水が落ちてきて、バケツなどの容器を何個も並べて受け止めている様子をイメージする人が多いのではないでしょうか。現実には、水がポタポタと落ちてきて、バケツが必要になるほどの雨漏りというのは大変な状況です!しかし、雨漏りに気づくのが遅くなれば、ああいった状況も実際に起こり得ます。ある日突然、天井からポタポタと雨水が落ちてくることだけが雨漏りではありません。多くの場合、雨漏りには前兆があります。ここでは、雨漏りに早く気づくために知っておくべき前兆を3つ紹介します。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方