雨漏りの生活救急車は、長崎市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 長崎市

長崎市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    長崎市

    自宅の外壁の塗装が老朽化し、ほとんどの部分が剥がれてしまっていたので自分で塗装をしようとしましたが、失敗してしまったので業者の方に塗装を依頼しました。
    予算があまりなかったのでそのことを業者の方に伝えたら、とても親切に良心的な塗装プランを提案してくれたので本当に助かりました。塗装工事の方もそれほど時間がかからなかった割にしっかりとした作業をしてもらえ、塗装が乾いた後の仕上がりも申し分のないものだったので本当に感謝しています。依頼者に対してとても誠実に対応してくれる業者だと感じました。
    かかった料金が安かった割にとても良い塗装の仕上がりだったので本当に素晴らしいです。住宅のことで何か悩みを抱えている方に是非おすすめできる業者だと思います

  • エリア情報
    長崎市

    長崎市の海が見える丘に気に入った家があり、購入しました。中古だったのですが状態が良く、大変気に入り、景色を楽しみながら暮らしています。海風があたる場所なので、覚悟はしていたのですが、屋根の劣化が思ったよりも早く、屋根材の一部に割れている箇所を発見してショックを受けました。
    屋根の補修をしなければと思い、地元で評判が良い業者を探してみてもらいました。やはり割れている部分があり、自分では見つけていない部分にも劣化している箇所がありました。料金が高いと困ると思っていましたが、料金の内訳を正確に教えてくれ、思っていたよりも安くできそうだったので頼みました。途中で費用が変わったり、追加料金が発生することもなく、結果的には直して安心できたので良かったです。

  • エリア情報
    長崎市

    長崎市の実家では帰省するたびに家の外壁や庭などの掃除を行っていますが、以前屋根にコケが大量発生してしまったときは業者に依頼しました。しかし、翌年に帰省するとまたコケが生えていて、いくらコケ落としを行ってもきりが無いようでした。そこで、思い切って屋根材の葺き替えを行うことにしたのです。
    依頼した業者はコケ落としをお願いしたときと同じ業者で、コケが生えないことを前提に屋根材を剪定してもらいました。これまではスレート屋根だったためコケが生えやすかったので、今度は金属製のガルバリウム鋼板への変更をすすめられました。素材的にコケが生えにくいことに加えて、塗装をしっかりと行うことでさらにコケを寄せ付けないことができるとのことで、両親とも相談しておすすめ通りに依頼しました。
    それから1年が経ちましたが未だにコケはほとんど生えていません。ガルバリウム鋼板をすすめてくれたことに感謝しています。

  • エリア情報
    長崎市

    長崎市の実家に住んでいる両親は家に無頓着で、帰省するときを良い機会として家の大掃除を行っています。大掃除と言っても屋内の荷物整理などをするわけではなく、外壁の洗浄や庭の草むしりをするのです。雨樋の掃除をしているときに屋根を見てみると、意外なほどコケが生えていることに気付きました。すぐに掃除をしたかったのですが、屋根の傾斜が急で危険だったため業者に依頼してコケ落としをお願いすることにしたのです。
    最初に業者が実家を訪れたときは作業を行わず、見積りを取るための現場確認が行われました。屋根の広さなどを確認したようで、見積りの金額にも納得できたので正式に依頼しました。数日後にスタッフが訪れ、高圧洗浄機などを使ってコケ落としを行ってくれました。不安定な屋根の上でもしっかりと作業を行っていて感心しました。

  • エリア情報
    長崎市

    我が家は長崎市にあり、先代から引き継いだ家に暮らしてから築年数45年になります。長い間住んできたので、次から次へといろいろな箇所が老朽化してきています。この間も、屋根のトラブルが起こってしまいました。
    台風の影響で風が強かった日に屋根の塗装が剥がれてしまったのです。見えないところならよかったのですが、ちょうど見えるところが剥がれてしまったので、見た目が良くないのは恥ずかしいということで専門業者に相談をしてみました。
    実際に見てみないと何とも言えないとのことで、すぐに来てくださり調べて下さいました。やはり、老朽化により屋根の塗装が剥がれてしまっていたようでした。
    すぐに手際よく新しく直していただき、見違えるように綺麗になり大変満足しています。

雨漏りのお役立ち情報

  • これまで普通に生活してきた家で、もしも突然雨漏りが起こったら……。
    どうすれば良いのか困ってしまう人も多いことでしょう。
    とはいえ、ただうろたえているだけではいけません。
    被害を最小限に食い止めるためには、自分自身の手でまずは応急処置を行う必要があります。
    いざというときのために知っておきたい雨漏りの応急処置のポイントと、その後の行動について紹介します。

  • 日本では梅雨や台風などの季節には大雨が降るので、一軒家やマンション、アパートなど建物の種類によらず気になるのは雨漏りです。雨漏りは気がついたときに早めの対処が必要になります。そこで今回は雨漏りを見つけるために業者が行う調査方法と、依頼する時に気を付けたいポイントについて紹介します。

  • どんな建物であっても新築から10年、20年と長い年月が経つにつれ、老朽化によるトラブルが起こりやすくなってくるものです。なかでも「雨漏り」は生活にも深刻な影響が出る重大なトラブルです。
    雨漏りは経年劣化によって起こりやすいトラブルの1つで、メンテナンス不足や建築部材や構造上の問題などによっても発生リスクが高くなります。
    そこで、ここでは具体的にどんな建物が雨漏りリスクが高いのか、いくつかのポイントを挙げてその原因について考えていきましょう。

  • 雨漏りは基本的に屋根にトラブルが起こり、そこから水が入って天井から落ちてきます。
    しかし、サッシに問題があるとそこから雨漏りになるケースもあります。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方