雨漏りの生活救急車は、東大阪市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 東大阪市

東大阪市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    東大阪市

    実家の屋根が傷んでしまい、老朽化によって雨漏りにも悩まされてきました。できるだけ安い費用でなんとか修理してもらえないだろうかと専門業者に見積りを依頼してみました。すると、こちらが考えていたよりもかなりお手頃な料金で作業を請け負ってもらえることがわかり、すぐにお願いしたのです。
    専門業者のスタッフは動きがテキパキとしていて非常に好感の持てる作業スピードが魅力的に感じました。こちらの要望にも誠実に向き合ってくれて、その都度報告もあり安心して任せることができるなと実感することができたのです。さらに、雨漏りした部分の補修も完璧で、跡が残らないよう注意しながら綺麗に直してくれました。
    今後も定期的なメンテナンスを依頼するつもりです。良いスタッフと出会えて嬉しいです。

  • エリア情報
    東大阪市

    東大阪市にある母方の実家は祖父が建てた自慢の家で、祖父が常にメンテナンスに気を遣っていました。しかし、年齢的なことから屋根の様子を見ることが難しくなり、いつしか屋根に関しては放置する状態が続いていたのです。そうしたなか、雨漏りがするようになってしまったことを電話で聞き、様子を見るために訪れてみました。
    屋根に登ってみてみると、所々で塗装がはげていて、雨漏りしている箇所は広範囲にわたって塗装が無いような状態になっていました。このままでは家の劣化が進んでしまうため、すぐに業者に連絡を取って修理してもらうことになりました。
    業者に見てもらうと、雨漏りは屋根の塗装がはげていることが原因なので塗り替えを行えば直るとのことでした。その場で塗り替えを依頼して後日実施してもらうと、雨漏りすることはなくなりました。しっかりと対応してもらえて良かったです。

  • エリア情報
    東大阪市

    両親と一緒に東大阪市で同居をしています。両親が高齢になり、私たち夫婦が引っ越してくる形で同居をするようになったので、家が古く、屋根の修理も気になっていました。雨が長く続いたときに、大雨が降っているわけでもないのに、突然雨漏りがしてきて、家族みんなで片づけに追われ、とても大変な目にあいました。
    雨がやんでもしばらくは雨漏りが止まらず、不安になったので、修理を依頼すると、屋根が劣化して、水が屋根裏に大量に入り込んでいることが原因と分かりました。修理内容や料金を詳しく説明してくれ、劣化が激しいようなので、屋根のリフォームを行うことにしました。突然のことで、予算があまりなかったのですが、見積もりを何度も出してくれて、納得できる料金にしてくれたことに感謝しています。

  • エリア情報
    東大阪市

    東大阪市の自宅で商売をしています。小さな店が1階にあり自宅は2階にあります。先代から引き継いだ店なので古く、そろそろ修理が必要と思っていた矢先に台風で屋根が破損してめくれあがってしまいました。見た目も悪いですし、雨漏りなどがしてくると困るので、屋根の修理をしようと思い、近所の人の間で評判が良い屋根修理の店に依頼をしたところすぐに来てくれました。
    私も店をやっているのでわかるのですが、すぐに対応するというのはとても大変です。頼んだ業者は対応が良くて、説明もしっかりとしてくれたので感心し、破損個所の交換を依頼しました。修繕の内容や料金の内訳なども詳しく説明してくれたので、安心して修理を頼むことができ、きれいに直ったので頼んでよかったと感謝しています。

  • エリア情報
    東大阪市

    東大阪市にある我が家はトタン屋根です。先日友人に屋根がさびているのを放っておいたら雨漏りがして、家の中も屋根裏や天井裏も水だらけになって、修理にとてもお金がかかったという話を聞きました。詳しく聞いてみると、ある日突然雨漏りがしたので修理を頼んだら屋根だけでなく、屋根裏や天井裏、壁の内側にまで雨水が入り込んでいて大規模な修繕をすることになってしまい費用がとても高くなってしまったとのことでした。
    友人が早目にさび止めや塗り直しをしておけばよかったと後悔しているのを目の当たりにして、我が家も心配になり点検を依頼しました。幸い我が家は雨漏りはまだしていなく、屋根の下地も無事だったので、錆止めと塗り直しをするだけで済みました。リーズナブルな業者にやってもらえたので費用が安く済みほっとしています。

雨漏りのお役立ち情報

  • 雨漏りは、そこに住む人に大きなストレスを与えます。修理したいと思っても、修理業者の悪いうわさを耳にする機会も多いので、「誰に頼めば安心なのかわからない」と悩んでいる人もいるでしょう。また、「修理したばかりなのに再発した」というケースが珍しくないのも、雨漏り工事の特徴です。
    穴をふさぐだけ、と思いがちな雨漏り修理は、実はとても難易度の高い工事です。ベテランでも失敗することがあるほどなので、料金が安いからという理由で業者を選ぶと後悔しがちです。
    では、どんなところに注意して雨漏り工事を依頼すればよいのでしょうか。

  • 新築住宅で雨漏りが生じた場合、一定の条件に当てはまれば、業者に対して無償で修理を請求することができます。業者に対して雨漏りの修理を請求できるのは、施工業者の施工ミスや手抜き工事などが原因の時です。
    一般的に、購入した商品に欠陥がある場合、買主は売主に対して民法上の責任追求ができますが、新築住宅の場合はその影響の大きさから別に法律が定められ、より手厚く保護されています。この記事では、どのような場合に雨漏りの修理を業者に対して請求できるのかという点について解説します。

  • 住宅の老朽化を除くと、雨漏りが起こる原因として多いのが「台風」です。
    台風は強風が吹くため、それが原因で屋根が損傷するケースがよくあり、そこから雨水が侵入して雨漏りが発生します。

  • 気候の変化や太陽光パネルの施工ミスなどが影響して、雨漏りの被害件数が増えてきています。「天井にシミがある」「大雨が降ったら二階が水浸し」といった経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。
    雨漏りがあると、そこに住む人に大きなストレスを与えます。けれども、いざ修理となると費用もかさみそうで、踏み出すハードルはそう低くはありません。とはいえ、そのまま放置するのは、実はたいへん危険なのです。ここでは、雨漏りを放置すると起こり得る二次被害についてまとめました。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方