雨漏りの生活救急車は、倉敷市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 倉敷市

倉敷市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    倉敷市

    倉敷市にある義実家はとても古くて、雨が降ると部屋のあちこちから雨漏りがしてしまうそうです。義母の1人暮らしで、どこに修理をお願いしたらいいのかわからない状態だったので、帰省をしたときに瓦屋根の剥がれを修理してもらうことにしました。古い家ということもあり、修理に時間がかかるのではと心配しましたが、帰省をしているわずか1週間の間に瓦屋根の剥がれを直していただけたので、とても助かりました。年老いた義母1人では心配だったのですが、そのことも配慮していただけたのかもしれません。仕事ぶりも丁寧で、散らかったゴミや部屋も片付けて行ってくださいました。安心してお任せできる業者さんで良かったです。これで義母も、雨が降るたびに雨漏りする家で心細い思いをすることなく生活できます。

  • エリア情報
    倉敷市

    倉敷市にある実家は雨漏りがとてもひどい状態でした。季節はずれの台風の影響で、屋根が破損してしまったようです。倉敷の実家は、老夫婦二人暮らしです。あまり大掛かりなリフォームは希望しておらず、料金を抑えた修理をしたいと言っていました。それで知り合いの業者さんを読んで、修理料金の見積もりをお願いしました。あまり高額な修理を希望していない旨もつたえたところ、雨漏りがしないよう最低限の修理だけをお願いすることになりました。修理をしていただいてからは、雨漏りを気にせず生活することができるようになったと、実家の両親もとても喜んでくれました。雨が漏れてこないという普通のことが、両親には嬉しかったみたいです。ほんの少し親孝行の真似事ができたみたいで、私自身も嬉しかったです。

  • エリア情報
    倉敷市

    倉敷市にある実家は昔からある日本家屋で瓦屋根なのですが、老朽化していることもあるのですが、地震や台風などの影響で瓦がずれてしまうということが良くありました。一度大きなトラブルになったことがあるのですが、瓦の下に敷いてある防水シートも年数がたつと劣化してしまって色が変わっているところがあったりすると、そこから水が染み込んでしまうわけです。すぐには気がつけないのですが、いつのまにか天井の隅の方にシミができていたり、カビが生えてしまっていたということがありました。
    気がついてすぐに業者に点検してもらって修理をお願いしたのですが、瓦を一度全部おろしての葺き替えが必要で非常に高額な修理費になってしまいました。
    それからは大きなトラブルにならないように定期的に業者に点検をしてもらっています。

  • エリア情報
    倉敷市

    先日仕事が休みの日に、自宅のリビングでくつろいでいると、自宅のチャイムが鳴りました。対応すると、それは塗装業者で、屋根の変色が見られるので心配になって連絡をしに来たということでした。私は突然自宅にくる業者に、やや不信感を覚えましたが、よくよく説明を聞くと、確かにわが家の屋根には変色が見られました。主人と相談して、依頼する場合にはこちらから連絡をするといい、業者には帰ってもらいました。
    自宅でインターネットで調べてみたところ、やはり私の家の自宅の屋根は明らかに色が変わっています。どれくらいの費用がかかるかを見たところ、先ほど来てくれた業者は、とても良い値段だったように思い、すぐに依頼しました。
    作業の日程は、私が仕事をしているので、仕事の都合に合わせてくれました。きちんと説明をしたうえで、作業にあたってくれたので、非常に安心しました。最初は不信感を持ってしまいましたが、今ではあの時に教えてくれてよかったと思っています。

  • エリア情報
    倉敷市

    久しぶりに倉敷市の実家に帰ると、ひどい雨漏りがして驚きました。部屋のあちこちから雨が落ちてきます。それほど強い雨でもないのに、こんなに雨漏りがひどければ、大雨の時はさぞかし大変なことになるだろうと心配になりました。それで、翌日すぐに業者さんをよんで修理をお願いすることにしました。業者さんは屋根を確認して、屋根瓦にたくさんのひび割れがあるのを見つけてくれました。当日すぐに修理に取り掛かることはできませんでしたが、雲行きが怪しかったため雨が降っても大丈夫なように応急処置をしていってくれました。丁寧に対応してくれてとても満足しています。修理の方も、それからあまり時間をあけずにとりかかってくれました。これで雨の日でも安心して暮らせると、実家の母も喜んでくれました。

雨漏りのお役立ち情報

  • 鉄筋コンクリート住宅は屋上が完全にコンクリートで覆われているので、「雨漏りなんてあり得ない」と思いがちです。
    しかし建物を覆うコンクリートのひび割れや穴によって、雨漏りすることがあります。

  • 賃貸物件で雨漏りが発生したら、借主としてはすぐにでも修理してほしいものです。賃貸物件の場合、建物が原因の雨漏りは基本的には貸主に修繕義務があります。反対に、借主には「善管注意義務」といって、修繕が必要になった場合は貸主に連絡をする義務があります。
    ところが、「貸主に連絡してもなかなか対応してもらえない」「借主から雨漏りの報告がなくて建物がボロボロになってしまった」など、トラブルになることも少なくありません。
    賃貸物件で雨漏りがあった場合はどのような対応をすべきか、貸主・借主両方の立場で考えてみましょう。

  • 雨漏りトラブルは突然発生するものですが、マンションなどの大きな建物だと直接の原因がよくわからないことがあります。雨漏りの原因の多くは適切なメンテナンスを行っていなかったことで起きてしまいますが、その具体的な原因箇所は建物の状態や構造によってさまざまです。
    そこで、今回は建物の構造上の問題、施工上の問題、そしてメンテナンス不足の3つの点に分けて、原因不明の雨漏りがどこで起きやすいのかについて説明していきましょう。

  • 住宅の老朽化を除くと、雨漏りが起こる原因として多いのが「台風」です。
    台風は強風が吹くため、それが原因で屋根が損傷するケースがよくあり、そこから雨水が侵入して雨漏りが発生します。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方