雨漏りの生活救急車は、北九州市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 北九州市門司区
  • 北九州市若松区
  • 北九州市戸畑区
  • 北九州市小倉北区
  • 北九州市八幡東区
  • 北九州市八幡西区

北九州市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    北九州市八幡東区

    私の住む北九州市は、雨量が年間で多く、住んでいる人の悩みとしては、雨水によるコケやカビが多くあることでした。特に去年の夏、結構な雨量を記録した梅雨を抜けた後、一軒家で、洋瓦を使用していた屋根にコケがついていたときは発狂しそうになりました。かなり、茶色気味のものがべったり屋根にくっついており、自力でも脚立を使い、屋根によじ登り、取ろうと努力しましたが、屋根のついている角度がかなり急だったため、途中であきらめて業者を呼ぶことにしました。呼んだ業者をみて、餅は餅屋という言葉を思い出したことを覚えています。職人さん2人の手により、ものの数時間でコケが落とし終わったのです。よく見ると、専用の溶剤を使用しているようで、やはりプロには勝てないなと思いました。

  • エリア情報
    北九州市八幡西区

    私は長年、北九州市八幡西区の折尾に住んでおり古い木造の一軒家を所有しています。北九州市はそこまで雨が多いというわけではありませんが、たまに雨が続いたり、ゲリラ豪雨のような短時間で激しい雨が降ったりした時は屋根から雨漏りしてしまうことが頻繁にありました。また、その雨によってさらに劣化してしまうため、雨漏りを重ねる度に酷くなる始末でした。
    そこで、地元折尾の業者に依頼して屋根の修理を実施してもらいました。私の家の場合、雨漏りを引き起こしている場所があるというよりも、屋根全体から染み込むように引き起こしているとのことだったので、修理には費用がかかると覚悟していました。しかし、実際には地元密着の優良な業者だったからか、見積もりの段階からしっかりと状況を説明してくれて、しかも割引までしてもらえました。修理自体も迅速に実施してもらえたため、費用面でも内容面でも総合的に非常に満足しています。

  • エリア情報
    北九州市若松区

    家は使っていると老朽化もするし、傷むものです。屋根は普段でも見えないだけに、傷んできてもなかなか気が付かないものです。建築後かなり年月が経っていることもあり、まあ色あせてきたなという感じはしていましたが、定期的に点検だけでもしてもらった方が良いというご近所さんの助言から、業者さんにお願いすることになったのです。思えば20年ほどほったらかしの屋根は、ひび割れ箇所があるとのことで、このままだと傷みが早く、雨漏りにつながると言われ納得。この際なので屋根の張り替えを依頼しました。費用は掛かりましたが、業者さんいわく「雨漏り寸前の傷み具合だったので今交換しておいてよかった」ようで、まさに『ぎりぎりセーフ』とのことでした。「転ばぬ先の杖」は大切なことだと実感しました。ご近所さんにも感謝しています。

  • エリア情報
    北九州市小倉北区

    北九州市小倉北区の業者に雨漏りの修理をしてもらいました。雨漏りに気付いたのは大雨の時でした。今まで雨が降っても雨漏りなんてしなかったのに、急に漏れるようになってしまったので、凄くショックを受けました。
    大雨の中呼んでも仕方ないなと思い雨が止んだ翌日に業者に来てもらいました。
    漏れた箇所を説明すると、まずは屋根に上がり漏れる箇所を見つける調査が始まりました。高い屋根にヒョイと飛び乗ったりしていたので、見ているこっちがヒヤヒヤしました。調査の結果、漏れている箇所が見つかり、具体的な対策方法などを説明してもらいました。それに伴う費用も同時に説明してもらいました。費用は想像よりも安かったです。すぐに修理を依頼しました。梅雨時の晴れの日に一気に修理が完了したので、凄く有り難かったです。

  • エリア情報
    北九州市門司区

    北九州市門司区にある親戚の家は立派な瓦屋根が自慢で、遊びに行くたびに叔父から自慢話を聞かされていました。そのため瓦屋根への憧れが強くなり、いずれマイホームを建てるときは和風の家屋にして瓦を多く使うつもりでいます。しかし、あるとき親戚の家を訪れると、自慢の瓦がいくつか剥がれ落ちていることに気付きました。叔父にそのことを伝えると、既に業者を手配してあるということなので作業を見学させてもらうことにしました。
    自慢の瓦屋根なのでほかの屋根材に葺き替えるということはありませんが、せっかくの機会なので新しい瓦は素材を変えるとのことでした。従来はセメント瓦でしたが、新たに交換するのは粘土瓦です。完成後の屋根を見ると、新しい瓦が整然と並んで見た目のイメージも変わり、より立派になっていました。

雨漏りのお役立ち情報

  • 新築住宅で雨漏りが生じた場合、一定の条件に当てはまれば、業者に対して無償で修理を請求することができます。業者に対して雨漏りの修理を請求できるのは、施工業者の施工ミスや手抜き工事などが原因の時です。
    一般的に、購入した商品に欠陥がある場合、買主は売主に対して民法上の責任追求ができますが、新築住宅の場合はその影響の大きさから別に法律が定められ、より手厚く保護されています。この記事では、どのような場合に雨漏りの修理を業者に対して請求できるのかという点について解説します。

  • マンションは戸建に比べて、雨漏りの診断が難しいといわれています。集合住宅という性質上、雨水の侵入だけが原因ではなく、上階からの水漏れの可能性もあるからです。原因が水漏れだった場合、その原因箇所が専有部分か共有部分かで対応や修理費用の負担責任が異なります。そこで、マンションで考えられる雨漏り・水漏れの原因や対応方法を紹介します。また、ご近所トラブルにもなりうる水漏れを発生させないために、暮らしのなかで気をつけたいことも考えてみましょう。

  • 雨漏りをしていることがわかっていても、原因となっている箇所や修理の仕方などがわからないということはよくあります。雨漏りの被害をそのまま放っておくと、建物の寿命が短くなってしまったり、カビが発生して健康を害したりする恐れさえあるのです。雨漏りの修理は高所で行われることがほとんどですから、専門業者に依頼してスピーディーに修理を行うと良いでしょう。この記事では、業者に連絡してから雨漏りの修理が完了するまでの流れについて解説していきます。

  • 気候の変化や太陽光パネルの施工ミスなどが影響して、雨漏りの被害件数が増えてきています。「天井にシミがある」「大雨が降ったら二階が水浸し」といった経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。
    雨漏りがあると、そこに住む人に大きなストレスを与えます。けれども、いざ修理となると費用もかさみそうで、踏み出すハードルはそう低くはありません。とはいえ、そのまま放置するのは、実はたいへん危険なのです。ここでは、雨漏りを放置すると起こり得る二次被害についてまとめました。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方