雨漏りの生活救急車は、京都市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 京都市北区
  • 京都市上京区
  • 京都市左京区
  • 京都市中京区
  • 京都市東山区
  • 京都市下京区
  • 京都市南区
  • 京都市右京区
  • 京都市伏見区
  • 京都市山科区
  • 京都市西京区

794年の平安京遷都以来、長き歴史を持つ京都は世界中から数多くの観光客が訪れる名所。寺社仏閣をはじめ日本の歴史的建築物も多数残っていることで知られています。さらに市内の至る所にも歴史の趣を残す家屋が建ち並んでいますが、長い時間の中で家の劣化は進んでいます。「最近、雨漏りがひどい」といった悩みをよく聞きますが、私たち雨漏りの生活救急車は気軽なご相談も受け付けています。もし修繕が必要な場合は隅々までチェック。みなさんの暮らしが少しでも豊かになるよう徹底的にサポートします。

適正工事を行うので低価格 様々な雨漏りの修理や防水工事に対応します!

  • 雨漏り修理 ¥2,000(税抜)〜/m²

    雨漏りは天井以外にも壁から浸水する事もあります。原因を特定し、適正な工事を行います。

  • 防水工事 ¥2,000(税抜)〜/m²

    雨漏りの原因になる、コーキング処理やウレタン防水加工、シート防止などの工事を行います。

  • 屋根修理 ¥2,000(税抜)〜/m²

    屋根には様々な種類があり、修理方法や料金なども変わってきます。

サービスの流れ

  1. STEP01

    お問い合わせ

    雨漏りのトラブルでお困りの方はお気軽にお電話ください。トラブルの状況をお伺いいたします。

  2. STEP02

    スタッフが到着

    到着しましたら、まず名刺をお渡しします。その後現地調査をいたします。

  3. STEP03

    お見積り・作業説明

    現地調査後、正確な金額を提示いたします。作業内容もしっかり説明いたします。キャンセル頂いても料金はかかりません。

  4. STEP04

    作業・完了

    説明後に作業にとりかかります。無事に作業が完了しましたら、お支払いをお願い致します。

ここまでの作業は無料です

場合により料金が発生する可能性がございます。

トラブル解決&料金事例

屋根瓦の修理

屋根修理 京都府京都市
ご相談内容
屋根瓦の修理をお願いしたいです。
作業内容
屋根瓦修理のご依頼に対応させていただきました。
実際の料金

屋根瓦修理

293,760円(税別)

カーポート屋根の修理

屋根修理 京都府京都市
ご相談内容
カーポート屋根が破損したので、修理をお願いしたいです。
作業内容
カーポート屋根が破損していたので、波板交換とフェンス補修にて対応いたしました。
実際の料金

屋根修理
波板交換とフェンス補修

33,000円(税別)

屋根瓦の修理

屋根修理 京都府京都市
ご相談内容
台風で屋根瓦が破損してしまったので、修理をお願いしたいです。
作業内容
屋根瓦の破損していたので、棟工事にて対応いたしました。
実際の料金

屋根瓦修理
棟工事

381,780円(税別)

屋根の雨漏り修理

雨漏り修理 京都府京都市
ご相談内容
屋根から雨漏りが発生しているので、修理をお願いしたいです。
作業内容
屋根から雨漏りが発生していたので、修理作業を行いました。
実際の料金

屋根の雨漏り修理

48,600円(税別)

屋根の雨どい修理

屋根修理 京都府京都市
ご相談内容
台風で雨どいが飛んでしまったので、修理をお願いしたいです。
作業内容
現場を拝見して、雨どいの交換作業にて対応いたしました。
実際の料金

雨どい修理
雨どいの交換

91,800円(税別)

屋根瓦の修理

屋根修理 京都府京都市
ご相談内容
地震で屋根瓦が落ちてしまったので、修理をお願いしたいです。
作業内容
地震で屋根瓦が落ちて破損していたので、修理いたしました。
実際の料金

屋根瓦の修理

110,000円(税別)

京都市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    京都市山科区

    京都市山科区に暮らしている両親から電話がかかってきて、瓦が浮いているような気がするということだったので、実家に行って確認をしました。確かに浮いているように見えましたが、よくわからなかったのと、両親だけで暮らしているので何かあったときに心配なので、口コミで評判が良い業者を探して、見てもらうことにしました。
    私の都合に合わせて来てくれ、屋根に上って点検をしてくれました。点検の結果、劣化している場所が複数あるということでした。両親の家は、隣と密接して立っている京都特有の造りなので、瓦が飛んだりしたら迷惑をかけてしまいます。今後は、雨漏りの危険もあるということだったので、思い切って屋根リフォームをお願いしました。見積もりを丁寧に説明してくれ、作業もとても丁寧だったのに、料金が思ったよりも安かったので、助かりました。きれいに瓦をふきかえてもらい、安心することができました。

  • エリア情報
    京都市下京区

    京都市下京区の自宅の屋根がひび割れしていると、隣の家の人が教えてくれました。自分の家からは見えないのですが、隣に行ってみると確かにひび割れしている箇所がありました。隣の家も、同じ時期に建てており、同じように瓦のトラブルがあったということで、紹介してもらった業者に連絡をして、見てもらいました。
    瓦は、長持ちするけれども、メンテナンスが必要なことなどを説明してくれ、瓦を部分的に交換するだけで良いことや、つなぎ目のところが劣化しているので、同時に修理をすることができること、料金などを簡潔に教えてくれました。料金を先に教えてくれたので、安心して依頼できました。屋根は見えない部分だけに、不安になりますが、しっかり説明をしてくれたので、良かったです。隣の家にも業者にも助けられました。

  • エリア情報
    京都市北区

    京都市北区にある会社は昔ながらの工場ですが、大手メーカーとも取引を行っています。あるときパートの方から屋根の色が変わっていることを指摘されました。言われてみると、確かに色がまばらになっています。特に影響は無かったため放置することも考えましたが、内部で劣化している可能性やメーカーの営業社員が訪れることもあるため見栄えが悪いと良くないと思い、業者に調査と塗装を依頼することにしました。
    調査を行ってもらうと、表面の劣化はあるものの内部に影響はないという結果が出て一安心でした。しかし、屋根の色がまばらなことは気になったので塗装をお願いすると、快く承諾してくれるどころか調査と合わせての値引きもしてくれました。誠実な対応をしてくれて、経営者として学ぶ部分がありました。

  • エリア情報
    京都市左京区

    京都市左京区の代々受け継いでいる家で暮らしています。古い家なので、メンテナンスをしているのですが、台風が来た時に、雨漏りがしてしまいました。雨が止むと、雨漏りも止まったのですが、最近は、大雨の影響などがニュースになっていることも多く、心配だったので、念のため点検を依頼しました。
    台風の後なので、忙しいということでしたが、また雨が降るかもしれないからと言って、来てくれました。対応が早くて感心していましたが、作業もスピーディですぐに屋根を点検してくれ、瓦と下地が破損している箇所があること、強い風が吹くと危険で、再び雨漏りをする可能性が高いことなどを説明してくれました。料金なども明確に教えてくれ、すぐに修理をしてくれました。てきぱきとしていて、感じが良く、安心できる修理に満足しています。

  • エリア情報
    京都市西京区

    京都市西京区で、趣があり、気に入った家があったので購入しました。リフォームをするつもりだったのですが、思ったよりも状態が良かったので、古さを楽しむために、数年間はこのまま暮らしてみることにしましたが、屋根材が古いので、雨が降ったときに雨漏りがすることが悩みでした。
    信頼できると評判の業者の点検だけでもうけてみようと思い依頼すると、屋根材の古さは、補修しても直らないことや、他の部分は良いけれども、屋根だけは雨漏りをして雨水が建物を劣化させてしまうので、しっかり直したほうが良いことなどをとても分かりやすい説明で教えてくれました。屋根の重要性が分かったので、納得して屋根リフォームを先に行い、快適に生活できるようになりました。ていねいでわかりやすい説明に感謝しています。

雨漏りのお役立ち情報

  • 雨漏り発生後は屋根を修理して終わりではなく、カビ対策も重要です。
    雨漏りとカビはセットと言っても過言ではなく、特に夏季はちょっとした雨漏りでも壁の中にカビが生えやすいです。

  • 住宅の雨漏りを放置すると、それが原因で漏電してしまうことがあります。
    また漏電よりも危険なのが、電気と水が接触して起こる火災です。
    これは他人事ではありません。<br>「漏電」+「雨漏り」による火災はどんな住宅にもあり得ることを覚えておきましょう。

  • 毎日の生活で屋根の状況を細かく確認することは難しいため、雨漏りというのは突然やってくるトラブルでもあります。
    天井からポタポタと雨漏りが始まったら、応急処置として雨漏りグッズがあると役立ちます。
    万が一に備えて、役立つ雨漏りグッズをご紹介します。

  • モンスーンアジアの東端に位置する日本は、世界でも雨の多い地域です。国土交通省の調べによると、日本の年平均の降水量は1718mmで、これは世界平均の約2倍に相当します。なかでも雨が集中する梅雨期や台風期には、雨による水漏れなどの水害に悩む方も多いのではないでしょうか。本記事では、建物を水害から守る防水工事の内容や施工のタイミング、工法の種類などをくわしく紹介します。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方