雨漏りの生活救急車は、久留米市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 久留米市

久留米市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    久留米市

    久留米市内にある家では、長い時間を経たことで屋根にさまざまな問題が出てきていました。ひび割れもできていてこれはなんとか早く修理をしなければならないと考えるようになりました。自分の手ではできそうもないため、実績の高い修理店に相談をしてみたのです。すると、下見をした上で簡単にできると言われてとても安心したことを覚えています。
    ひび割れも深いためどう仕上がるのか少し不安もありましたが、出来上がりはとても綺麗に修繕されていてびっくりしました。あれだけ汚かったうちの屋根が新築住宅のような状態へと生まれ変わり、本当に頼んで良かったと心から感じることができました。
    これからは、定期的にメンテナンスをお願いしていこうと考えています。職人によるきめ細やかな心配りにも大満足です。

  • エリア情報
    久留米市

    まさか自分の家が雨漏りするなんて夢にも思っていなかったのですが、先日雨の日の外出から家に戻って見ると、なんと2階の寝室の床に水滴が付いていました。天井の壁紙が弛んでいたので、これは雨漏りに違いないと悟りました。まさか我が家が雨漏りするなんて、と唖然としていましたが、これ以上被害を拡大させてはいけないと思い、すぐに応急措置をしてくれる業者をスマートフォンで探しました。幸運にも家から10分圏内のところに雨漏りの修理業者がいたのでそこにお願いし、その日のうちにシートで応急措置をしてもらいました。詳しく話を聞くと、屋根材にひび割れがあることが原因で、屋根材を交換する必要があるとのこと。なぜひびができたのかは今でも不思議ですが、ひびの部分だけ張り替えてもらった後には雨漏りは一度も起きていません。助けを呼ぶとすぐに駆けつけてくれる業者さんのありがたみを学んだ出来事でした。

  • エリア情報
    久留米市

    我が家は久留米市にある地区60年にもなる古い住宅です。瓦は昔ながらの、まさに日本の家屋とも呼べるものを使用しています。去年のことですが、強い突風が吹いたことがありました。その時に、庭にある大木の枝が折れて屋根に落ちてしまいました。枝といってもかなりの大きさで、人間にあたっていたら大けがをしていたことでしょう。大きな枝が屋根に落ちたため、何枚かの瓦が破損してしまいました。このままでは破損した瓦が落ちたり、雨漏りの危険性もあるので、すぐに昔からお世話になっている業者に連絡をしました。
    翌日にすぐに作業にあたってくれて、壊れたものを新しいものに交換し、そのほかにも屋根に異常がないかどうか点検してもらいました。いつものことながら無駄のない作業で、本当にありがたく思います。

  • エリア情報
    久留米市

    久留米市にある自宅は、中古一戸建て住宅をリーズナブルな価格で購入した家なので、いろいろな部分が経年劣化していました。
    屋根も古くなっており、台風などで物がぶつかって、雨樋や屋根瓦が破損してしまっているところもあるため、強い雨の日は雨漏りが発生してしまうこともありました。
    立地的には気に入っている家だったので、屋根の雨漏り修理と併せてリフォームをするために、工務店に依頼をしました。
    台風が増えてくる時期を控えていたので、出来るだけ早期に雨漏りや雨樋だけは治したいと考えていましたが、相談した工務店の方は、対応は早く、連絡した日の週末には状況を見てくれて、そのまま工事に着手してくれました。
    工事を早めに終わらせたいという要望を伝えた所、職人の数を増やして工事を行ってくれたので、通常よりも短期間でリフォームを完了することができたのでとても満足しています。

  • エリア情報
    久留米市

    久留米市にある社屋は築年数が経過していて、いつの間にか屋根の色が変わっていることに気付きました。毎日見るものではないため意外と変色に気付かず、気付いたときには全体的にまばらになってしまっていたのです。そのままでは落ち着かないため業者を依頼して塗装してもらうことにしました。
    スタッフの方に屋根を見てもらうと、色が変わった原因は劣化だとのことでした。屋根材はスレート屋根だったため耐用年数が短く、本来であればもっと早く塗装をし直しておくべきだったのです。新しい屋根材に葺き替えることをすすめられましたが、費用の都合もあったため現状のまま塗装工事を依頼しました。提案を断ったにもかかわらず丁寧な作業をしてくれて、業者の方のプロ意識を垣間見ることが出来ました。

雨漏りのお役立ち情報

  • どんな建物であっても新築から10年、20年と長い年月が経つにつれ、老朽化によるトラブルが起こりやすくなってくるものです。なかでも「雨漏り」は生活にも深刻な影響が出る重大なトラブルです。
    雨漏りは経年劣化によって起こりやすいトラブルの1つで、メンテナンス不足や建築部材や構造上の問題などによっても発生リスクが高くなります。
    そこで、ここでは具体的にどんな建物が雨漏りリスクが高いのか、いくつかのポイントを挙げてその原因について考えていきましょう。

  • 雨漏りを直接の補償対象とした「雨漏り保険」のような商品は存在しませんが、それに代わるものとして火災保険があります。住宅を購入した人の多くは火災保険に入っているでしょうが、もし加入していないのであれば将来の雨漏りに備えて加入するのがおすすめです。
    この記事では、火災保険でどのような場合に雨漏りが補償されるのか解説します。また、火災保険に入っていなくても補償されるケースがあるので、この点についても説明します。

  • 住宅の雨漏りを放置すると、それが原因で漏電してしまうことがあります。
    また漏電よりも危険なのが、電気と水が接触して起こる火災です。
    これは他人事ではありません。<br>「漏電」+「雨漏り」による火災はどんな住宅にもあり得ることを覚えておきましょう。

  • 雨漏りに気付いたら早めに直したいものです。しかし、実は雨漏りの原因となっている箇所を特定したり修理したりするのは意外と難しいのです。
    そのため、雨が降っている最中に修理するのはもとより、雨が止んでからでも自力で直そうとするのはおすすめしません。雨漏りに気付いたら、なるべく早めに信頼できる業者を探して依頼するのがベストです。
    この記事では、プロに直してもらうまでの間、一般の人でもできる応急処置の方法について解説します。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方