雨漏りの生活救急車は、松山市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 松山市

松山市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    松山市

    屋根が随分と古くなってきたなと感じたのは最近の事でした。建ててからもう数十年と経っているので屋根が古いと感じるのも無理もありません。屋根材などを自分で見てみようかとも思いましたが、ネットで調べるだけでも結構な種類がありとても無理だと感じたので業者に修理を依頼する事にしました。まずは見積りに来て下さり、色々と相談に乗って下さいました。そこで我が家に最適だと思われる屋根材を選びました。修理はすぐに始まり、あの古い屋根はみるみる綺麗な屋根に変わっていきました。あのてきぱきとした仕事ぶりはさすがは専門業者だなと感じました。やっぱりプロは違いますね。今は我が家の屋根はぴかぴかです。家のメンテナンスをきちんとすることは心の整理にも少し似ていて、とてもすっきりしますね。頼んで良かったなと心から思いました。

  • エリア情報
    松山市

    私の自宅では半年ほど前に屋根に太陽光パネルを設置しました。その後半年間、何のトラブルもなく生活していたのですが、ある日自宅の庭に屋根の一部分と思われるものが落ちていました。屋根が壊れているのかもしれないとびっくりして、すぐに業者を呼びました。
    庭に落ちていたものを見せると、確かに屋根の一部分だと言われました。すぐに屋根に登って確認してもらったところ、瓦にズレが生じている部分があるということでした。多分、太陽光パネルを設置するときに、屋根の上を歩いた際に瓦がずれたのだろうということでした。すぐ簡単な修理で終わったので、それほど費用もかからず、瓦の下の部分にも問題はなかったので安心しました。しかし電気代を節約したいと思い太陽光パネルを設置したのにと悲しく思いました。

  • エリア情報
    松山市

    家が古くなってくると悩みの種となるのが雨漏りでしょう。我が家も3年くらい前から漏るようになって、夜中に水滴の音で目が覚めることもありました。業者さんに連絡して見てもらったところ、原因は経年劣化でした。考えてみれば20年以上も経過しているので、傷みがないほうが不思議というものです。
    ひび割れなどなら塗装をすればよかったのでしょうが、経年劣化の場合は葺き替えするのがベストとのことです。塗装をしてもすぐに雨漏りする可能性があるので、葺き替えの依頼をしました。修理後は雨漏りが完全に止まりましたし、以前より軽量化した素材を使用することで耐震性も向上したそうです。近年は地震が増えているので、葺き替えをしてよかったと思います。屋根が軽くなるほど家屋への負担は軽減するそうなので、耐震性を高めるためにも屋根修理をして正解でした。

  • エリア情報
    松山市

    屋根の老朽化が原因で家屋が倒壊したという親戚がおり、雨漏りが続くと危険度が増すとのことです。我が家も少しずつ雨漏りがするようになり、年を重ねるほど規模が大きくなってきました。室内にバケツを設置するだけでは間に合いませんし、至るところにカビが発生するようになったのです。
    考えてみれば屋根のメンテナンスは15年以上も行っていないので、そろそろ修理するべき時期なのかもしれません。屋根業者に連絡したところ、すぐに見積りをしてくれました。塗装で対処するという手もありますが、耐用年数も経過していたことから葺き替え工事をすることにしました。費用は250万円ほどかかりましたが、雨漏りもピタリとやんで一安心です。老朽化を放置しておくと家屋の倒壊のリスクもあるので、早めに修理したいものです。

  • エリア情報
    松山市

    屋根が色あせてくると本当に格好悪いものです。外からまともに見えてしまいますし、全体的に古臭く感じてしまいます。うちの屋根は直射日光を受けやすいので、色あせが発生しやすいのは知っていました。自分でペンキを購入して塗装することも考えましたが、知り合いが屋根から落ちたと聞いて、怖くてすることはできませんでした。何より業者さんのようにうまく塗装することはできないので、最終的に業者さんに依頼することにしたのです。
    使用した塗料はフッ素系と呼ばれるもので、耐用年数が最長20年ほどになるそうです。今まではアクリル塗料を使用していたのですが、こちらで耐用年数は7年くらいです。うちの場合は10年以上メンテナンスはしていなかったので、持ちとしては十分だったのでしょう。塗装後は光沢感ある屋根となり、雨天時の水滴の滑りもよくなったようです。

雨漏りのお役立ち情報

  • モンスーンアジアの東端に位置する日本は、世界でも雨の多い地域です。国土交通省の調べによると、日本の年平均の降水量は1718mmで、これは世界平均の約2倍に相当します。なかでも雨が集中する梅雨期や台風期には、雨による水漏れなどの水害に悩む方も多いのではないでしょうか。本記事では、建物を水害から守る防水工事の内容や施工のタイミング、工法の種類などをくわしく紹介します。

  • どんな建物であっても新築から10年、20年と長い年月が経つにつれ、老朽化によるトラブルが起こりやすくなってくるものです。なかでも「雨漏り」は生活にも深刻な影響が出る重大なトラブルです。
    雨漏りは経年劣化によって起こりやすいトラブルの1つで、メンテナンス不足や建築部材や構造上の問題などによっても発生リスクが高くなります。
    そこで、ここでは具体的にどんな建物が雨漏りリスクが高いのか、いくつかのポイントを挙げてその原因について考えていきましょう。

  • いつの間にかできていた壁や天井のシミ。それは、もしかしたら雨漏りが原因かもしれません。器用な人なら「自分で修理をしてしまおう!」と考えるかもしれません。しかし、雨漏りの原因を見つけるのは素人には難しいものです。見当はずれの補修をしても雨漏りはやまず、材料費も無駄になってしまいます。さらには、思わぬケガをして治療費がかかってしまうこともあるかもしれません。「もしかして雨漏りかな?」と思ったら、まずは業者に雨漏り調査を依頼してみましょう。

  • 屋根は外壁やベランダに並び、雨漏りを起こしやすい部分です。しかし、屋根にはあらかじめ風雨に耐えられるよう、さまざまな加工がされています。そのため、簡単に雨漏りをすることはありません。それでも雨漏りを起こしてしまうのは、屋根の状態や材質に何らかの問題があるためです。そこで、雨漏りを起こしやすい屋根の種類や、考えられる原因について解説します。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方