雨漏りの生活救急車は、千葉市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 千葉市中央区
  • 千葉市花見川区
  • 千葉市稲毛区
  • 千葉市若葉区
  • 千葉市緑区
  • 千葉市美浜区

千葉市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    千葉市緑区

    千葉市緑区の友人宅には昔から出入りをしていて、納屋には私物も置かせてもらっています。自分の家は狭いため友人も興味を持っているものを置いておく場所として使わせてもらっていましたが、ふと気付くと荷物が濡れていることがあったのです。濡れていた原因は雨漏りで、屋根から水が落ちてきていました。
    友人が業者に連絡を取り現場を見てもらうと、納屋の屋根材が劣化していて雨漏りが起きているということでした。この納屋はトタン屋根で、経年劣化によってさびが発生して腐食していたとのことです。その場で修理を依頼し、荷物を置いているということもあり、費用の半分を負担したうえで立ち会うことにしました。
    屋根材そのものを交換し、銅板になりましたが耐用年数が長いということで安心できます。費用も安く、満足しています。

  • エリア情報
    千葉市美浜区

    結婚して建てた家は、長年住んでいるため、あちこちに傷みが出て来ました。特に、屋根に色が変わっている部分があるのがとても気になっておりました。老朽化しているし、多少は仕方がないかと暫くは放っておいたのですが、見るたびに気になるので、業者の方に相談してみました。
    相談したところ、雨漏りにつながることもあるということなので、早めに診てもらいました。診てもらったところ、だいぶ老朽化しているので対処した方が良いといわれたので、直してもらうことにしました。
    見積もりを取ってもらったところ、料金体制がとても良く分かり、しかも、思っていたよりも高くなかったのでとても良かったです。
    実際に作業をしてもらい、見違える程綺麗に塗装してもらいました。おかげで安心して今後住み続けることができます。

  • エリア情報
    千葉市花見川区

    天井の壁紙に黒いカビのようなものが出ており、もしかしたら雨漏りしているのかなと思ったので業者に相談をしました。複数の業者に電話で問い合わせをしました。その中で対応が良さそうで料金が明瞭な業者を選びました。すぐに駆けつけてくれて無料で調査をしてくれました。屋根裏を見てもらうと案の定カビやコケがびっしりと生えているような状態でした。雨漏りが原因では無く結露が原因でカビが発生したというのが調査結果でした。
    対策はあるのか訊ねると、しっかりと除湿をしたり空気の淀みを無くす対策をすれば大丈夫だと言われたので、そのような施工をお願いしました。思っていたよりも料金は良心的でした。施工の結果無事に対策する事が出来ました。木材が腐っていたら大掛かりな修理になっていたと思うので早めに相談してよかったです。

  • エリア情報
    千葉市稲毛区

    一軒家に住んでいるのですがある日雨漏りがするようになってしまいました。リフォーム業の方に連絡してひとまず見積もりしてもらおうと考えていました。原因を調べてもらったところ、雨樋の詰まりが原因でした。今まで意識したことが無かったので、掃除をしたこともありませんでした。これは交換するしか無いのかなと高額な費用を覚悟しましたが、まずはゴミを取り除く清掃をしてもらう事を依頼しました。清掃してもらったところ、無事に水が流れ出し正常に戻りました。自分では清掃できないのでとても助かりました。枯れ葉がだいぶ溜まっていたようで、上部にゴミが入らないように金具を付けてもらいました。そのあとは水の流れもスムーズで費用も少なくて済んだのでとてもよかったです。

  • エリア情報
    千葉市若葉区

    千葉市若葉区に住んで50年、我が家にも雨漏りのトラブルが発生して、手に負えない状況に追われました。雨漏りから翌日、自分の目で屋根裏を確かめていたら、屋根材の老朽化が目立ち、その内一部は腐っている状態でビックリしました。自分には手に負えない状況と知り、最寄りの修理業者で雨漏りの修理をお願いしすることにしました。翌日、修理に駆けつけた人間は地元の方なので、気兼ねなく相談することができました。当然、この辺りの気候などを熟知しているため、2人の人員にもかかわらずてきぱきと作業に乗り出してくれました。後から聞いてみると、屋根材の老朽化に限らず、留め具や裏側の劣化も数多く見られていることが判明しました。大掛かりな修理の割には、思ってたほど費用がかかっておらず、やはり慣れ親しんだ業者に任せるのが一番だと分かりました。

雨漏りのお役立ち情報

  • 雨漏りは、雨が降っている時だけに起こるわけではありません。雪によって雨漏りが起こることもあります。雪が原因で起こる雨漏りは気がつきにくいことが多いため、注意が必要です。ここでは、雪で雨漏りが起こるケースや原因、対策方法について紹介していきます。

  • 雨漏りに気付いたら早めに直したいものです。しかし、実は雨漏りの原因となっている箇所を特定したり修理したりするのは意外と難しいのです。
    そのため、雨が降っている最中に修理するのはもとより、雨が止んでからでも自力で直そうとするのはおすすめしません。雨漏りに気付いたら、なるべく早めに信頼できる業者を探して依頼するのがベストです。
    この記事では、プロに直してもらうまでの間、一般の人でもできる応急処置の方法について解説します。

  • 雨の日になると、天井から雨水がぽたぽたと垂れてくるのは、いわゆる「雨漏り」の状態です。
    現代の住宅において、ここまでひどい雨漏りは稀なケースかもしれません。
    しかし「小さな雨染みができる程度の雨漏り」は、意外と多く発生しています。
    「この程度なら、晴れればすぐに乾いてしまうはず!」と考えるのは危険です。
    雨漏りを放置するリスクについて、詳しく教えます。

  • モンスーンアジアの東端に位置する日本は、世界でも雨の多い地域です。国土交通省の調べによると、日本の年平均の降水量は1718mmで、これは世界平均の約2倍に相当します。なかでも雨が集中する梅雨期や台風期には、雨による水漏れなどの水害に悩む方も多いのではないでしょうか。本記事では、建物を水害から守る防水工事の内容や施工のタイミング、工法の種類などをくわしく紹介します。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方