雨漏りの生活救急車は、奈良市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 奈良市

適正工事を行うので低価格 様々な雨漏りの修理や防水工事に対応します!

  • 雨漏り修理 ¥2,000(税抜)〜/m²

    雨漏りは天井以外にも壁から浸水する事もあります。原因を特定し、適正な工事を行います。

  • 防水工事 ¥2,000(税抜)〜/m²

    雨漏りの原因になる、コーキング処理やウレタン防水加工、シート防止などの工事を行います。

  • 屋根修理 ¥2,000(税抜)〜/m²

    屋根には様々な種類があり、修理方法や料金なども変わってきます。

サービスの流れ

  1. STEP01

    お問い合わせ

    雨漏りのトラブルでお困りの方はお気軽にお電話ください。トラブルの状況をお伺いいたします。

  2. STEP02

    スタッフが到着

    到着しましたら、まず名刺をお渡しします。その後現地調査をいたします。

  3. STEP03

    お見積り・作業説明

    現地調査後、正確な金額を提示いたします。作業内容もしっかり説明いたします。キャンセル頂いても料金はかかりません。

  4. STEP04

    作業・完了

    説明後に作業にとりかかります。無事に作業が完了しましたら、お支払いをお願い致します。

ここまでの作業は無料です

場合により料金が発生する可能性がございます。

奈良市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    奈良市

    奈良市で借りていた戸建て住宅には10年ほど住んでいて、その間に一度屋根の塗装工事を行ったことがあります。借りた当初は問題なかったのですが、月日が経つにつれて徐々に屋根が変色していき、いつの間にか大部分の色が変わってしまっていました。見栄えが悪いことに加えて雨漏りなどがあると困るので大家に連絡を取ると、業者を依頼してくれるとのことでした。
    業者の見立てによると変色の原因は経年劣化で、このままでも住み続けることは出来るが可能であれば屋根材そのものを葺き替えることが望ましいとのことです。しかし、大家が渋ったため屋根全体の塗装で一時しのぎをすることになりました。
    結局、塗装してから数年は住んでいましたが、その間雨漏りなどはなく快適に過ごせました。業者がしっかりと施工を行ってくれて良かったです。

  • エリア情報
    奈良市

    奈良市の実家は、自分が幼少のころから住んでいる結構築年数が経過している住宅であり、かなり経年劣化が進んでいるため、屋根材も部分的に壊れている状態でした。
    今までは雨漏りもしていなかったのですが、この前の大きな台風の日から、2階の洋室の天井部分から雨漏りが発生するようになりました。
    すぐに知り合いの工務店に相談したところ、週末に屋根修理業者と一緒に状況を確認しに来てくれました。
    数時間調査したところで、雨漏りの原因を特定し、その場で修理費用の見積りまで出してくれたので対応が早くてとても満足でした。
    修理費用は急な出費だったこともあり、結構負担は大きかったのですが、そのほかの屋根全体の点検や部分補修までサービスで行ってくれることになったので、不具合箇所が一気に修理できると考えて依頼しました。

  • エリア情報
    奈良市

    今年の4月の雨の日のこと、二階の和室に上がると、畳が濡れていることに気づきました。上に目をやると、天井をつたって水がしたたり落ちており、雨漏りだと確信しました。雨漏りは経験したことがなかったのでどの業者さんに頼めばよいのかわかりませんでしたが、とりあえずインターネットで奈良市内で評判の良い業者さんを探して、口コミが良かったところに電話で依頼しました。私の家は市街地から車で40分程度離れている郊外ですが、30分程度で来てくださり、家の中から天井をみて原因個所を教えてくれました。その場でなおすとしたらどれくらいかかるのかの見積もりをしていただき、説明も丁寧で人柄も良く感じたのでその業者さんにお願いすることにしました。その日のうちに屋根に上って応急措置をしてもらい、翌日ひび割れた部分の瓦を引きなおしてもらいました。想像していたほど費用も掛からず、対応も丁寧だったのでとても満足でした。

  • エリア情報
    奈良市

    奈良市の我が家は祖父の代から続く、昔ながらの日本家屋です。屋根も昔ながらの日本の瓦屋根を使っていますが、半年ほど前に私の父が、ゆがみがある気がすると言いはじめました。父が言うには、少しでもゆがみがある場合には、ゆがみが大きくなって最終的には崩れてしまうということで、メンテナンスを検討していました。そしてゆがみがあるかだけでも見てもらおうということで、業者に依頼をしました。
    祖父の代からお世話になっている業者に連絡すると、すぐに来てくれました。そして確認してもらった結果、やはりゆがみが生じているようで、まだ大丈夫だけれども、強風や大地震に見舞われた際には崩れる可能性があると教えられました。そのため思いきって、瓦屋根の交換を依頼しました。祖父の代からの家なので、すでに100年近く経過しています。ちょうど交換の時期にあたるので、良いきっかけになったと思います。
    業者は作業に入る前に近隣の住宅へ挨拶してくれて、とても好感が持てました。

  • エリア情報
    奈良市

    奈良市内にある自宅の劣化が毎年どんどん進んでしまい、補修をしなければと焦っていました。そんな時に専門知識やスキルを持つ職人のいる業者の存在がわかり、すぐに下見に来てもらえるようお願いしました。快く引き受けてくれて早い段階で屋根の修理作業を進めてもらった結果、非常に綺麗で繊細な仕上がりを叶えることができました。
    また、さびついていた部分も修理して、新品同様の屋根のようになり家族みんなで喜びました。職人たちは効率的な動きで短時間で我が家の屋根をパーフェクトな状態へと変身させてくれたのです。これからはきちんと定期的に住宅のケアをしていきたいと考えています。今回の依頼で頼りになるパートナーを得ることができ、今後も上手く活用していくつもりです。

雨漏りのお役立ち情報

  • 大雨や台風などで屋根が壊れた、経年劣化で屋根に隙間ができたなどを理由に雨漏りが発生します。なかには、外壁のひび割れやベランダなどから雨水が侵入してくるケースも見られます。室内にポタポタと水が漏れてくるのをなんとかして早急に止める必要がありますが、専門業者に頼むまでもないと判断し、自分で対処しようとする人も少なくありません。ここでは、自分で行う雨漏りの間違った対処法の危険性を紹介し、合わせて正しい方法や業者への依頼方法などにも触れていきます。

  • 自宅が雨漏りをしていると気になるため、原因を突き止めようと専門業者に依頼して行う調査を検討することがあるでしょう。しかし、実は雨漏りの調査に関しては、調査をするべきときと、する必要がないときがあるのです。雨漏りの調査をするだけで費用がかかりますから、調査をするべきときを見極めてサービスを利用することが重要といえるでしょう。この記事では、雨漏りの調査が必要なときと調査が必要ではないときを、具体的に解説していきます。

  • 賃貸物件で雨漏りが発生したら、借主としてはすぐにでも修理してほしいものです。賃貸物件の場合、建物が原因の雨漏りは基本的には貸主に修繕義務があります。反対に、借主には「善管注意義務」といって、修繕が必要になった場合は貸主に連絡をする義務があります。
    ところが、「貸主に連絡してもなかなか対応してもらえない」「借主から雨漏りの報告がなくて建物がボロボロになってしまった」など、トラブルになることも少なくありません。
    賃貸物件で雨漏りがあった場合はどのような対応をすべきか、貸主・借主両方の立場で考えてみましょう。

  • 雨漏りをしていることがわかっていても、原因となっている箇所や修理の仕方などがわからないということはよくあります。雨漏りの被害をそのまま放っておくと、建物の寿命が短くなってしまったり、カビが発生して健康を害したりする恐れさえあるのです。雨漏りの修理は高所で行われることがほとんどですから、専門業者に依頼してスピーディーに修理を行うと良いでしょう。この記事では、業者に連絡してから雨漏りの修理が完了するまでの流れについて解説していきます。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方