雨漏りの生活救急車は、高知市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 高知市

高知市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    高知市

    高知市で長年暮らしていますが、近年にない大雨が何度もやってきて、我が家の屋根が古かったせいか雨漏りがして大変困りました。いきなり雨漏りがしてきたので、驚いてしまい、後始末がとても大変でした。このままでは、次に台風が来たら本当に困ると思い、業者に電話をかけてみたところ、雨が止んだらすぐに修理をすると言ってくれました。
    雨が止んだらと思っていたのですが、すぐに屋根を見てくれ、応急処置をしてくれたことには感激しました。その後、修理も見積もりから行ってくれ、納得できたら修理をするという丁寧さにも感心しました。修理もとても丁寧で、必要な箇所だけ行ってくれ、費用も安く済みました。定期的に点検を受けたり、今後は屋根の貼り替えも考えたほうが良いなどのアドバイスもありがたく、信頼できると思いました。

  • エリア情報
    高知市

    屋根の一部に汚れとは違う緑色のコケが生えてしまい、自分や家族が屋根の上に上がって掃除を行うのは危険と判断し、専門の業者さんに除去を依頼しました。コケができていた原因は、雨が降った時に水が溜まり、日差しが当たらないため水分がいつまでも残り、屋根にも関わらずジメジメとした環境になっていたとのことでした。さらに屋根が経年劣化で古くなり、表面の塗装の役割が低下していると言われました。塗装の劣化により水分や汚れが表面から弾かれず、屋根に残りやすい状態になってるようです。確かに前回の塗装から時間が経過しており、そろそろ塗り直しの時期かと考えていたので納得しました。今回は塗装に適した季節でなかったので塗り直しは次の機会になりましたが、親切な対応で屋根の様々な問題点がわかり良かったです。

  • エリア情報
    高知市

    2年ほど前、我が家の屋根は張替を行い、一新しました。その原因は雨漏りです。元々、屋根にはさびがとてもすごく、築年数も経っていたので老朽化が原因と諦めていました。すると、強い雨の日に雨漏りがするようになり、それは次第に小雨程度の雨でもなるようになりました。そこで、最初から業者に交換の依頼をしました。屋根の交換をみるのは初でしたが、単純に瓦を外し、その下にある大量の泥や土を落とす作業でした。すると、屋根の下地部分に大きな穴がいくつも空いており、今まで住んでいた我が家がそんな状態だったとしり、とても悲しい気持ちになりました。長年親しんだ瓦屋根でしたが今回の交換のときに、スレート屋根という新しい屋根にしました。今では、外観も変わり、とても気に入っています。

  • エリア情報
    高知市

    雨漏りが目立ち始めたので、屋根に上ってみたら瓦に異常はなく、どこに問題があるのか分からず仕舞いでした。屋根工事に詳しい業者に頼んで見てもらい、屋根を支える下地に問題があると聞いてひどく驚きました。確かに、業者が撮った写真には下地の劣化が確認でき、腐った木材もところどころに見えていました。私は、屋根業者が提案する葺き替え工事について「できるだけ費用を抑えて欲しい」と頼み、手が届く値段にまで交渉をして工事をお願いしました。工事期間はそれほど物音を気にすることはなく、むしろ業者側が生活に配慮している印象を持ちました。工事を終えてから再び写真を見てみると、屋根の下地がきちんと作り替えられていて、頑丈で安全なものに生まれ変わりました。これで、雨漏りの心配をすることなく、普段通り過ごすことができて一安心です。

  • エリア情報
    高知市

    私の家は中古で購入した一戸建てで、今年で築28年になります。去年、ふと寝室の天井の隅に目をやると、水分を含んで壁紙がやや弛んでいることに気づきました。もしや雨漏りではないか、と思い、天井裏を確認すると、案の定わずかですが水滴が滴っているのが確認できました。これは一大事と、馴染みのある工務店に翌日見に来てもらったところ、屋根材が老朽化しているのが原因であると考えられ、葺き替え他方が良い⇒葺き替えたほうが良いと勧められました。決して安い買い物ではなかったので全体を葺き替えるべきか、応急措置でしのぐか悩みましたが、再び別の箇所で同じように雨漏りが起きるかもしれないと思い、思い切って屋根全体を葺き替えることにしました。最近の屋根材は技術の進歩によって以前のものよりも長持ちするということですので、今の家に住んでいる間は雨漏りすることなく耐えてくれることを願うばかりです。

雨漏りのお役立ち情報

  • 気候の変化や太陽光パネルの施工ミスなどが影響して、雨漏りの被害件数が増えてきています。「天井にシミがある」「大雨が降ったら二階が水浸し」といった経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。
    雨漏りがあると、そこに住む人に大きなストレスを与えます。けれども、いざ修理となると費用もかさみそうで、踏み出すハードルはそう低くはありません。とはいえ、そのまま放置するのは、実はたいへん危険なのです。ここでは、雨漏りを放置すると起こり得る二次被害についてまとめました。

  • どんな建物であっても新築から10年、20年と長い年月が経つにつれ、老朽化によるトラブルが起こりやすくなってくるものです。なかでも「雨漏り」は生活にも深刻な影響が出る重大なトラブルです。
    雨漏りは経年劣化によって起こりやすいトラブルの1つで、メンテナンス不足や建築部材や構造上の問題などによっても発生リスクが高くなります。
    そこで、ここでは具体的にどんな建物が雨漏りリスクが高いのか、いくつかのポイントを挙げてその原因について考えていきましょう。

  • いつの間にかできていた壁や天井のシミ。それは、もしかしたら雨漏りが原因かもしれません。器用な人なら「自分で修理をしてしまおう!」と考えるかもしれません。しかし、雨漏りの原因を見つけるのは素人には難しいものです。見当はずれの補修をしても雨漏りはやまず、材料費も無駄になってしまいます。さらには、思わぬケガをして治療費がかかってしまうこともあるかもしれません。「もしかして雨漏りかな?」と思ったら、まずは業者に雨漏り調査を依頼してみましょう。

  • 賃貸住宅の場合、雨漏りの原因は老朽化や自然災害が多いため、修繕費用が自己負担になるケースはほとんどありません。
    しかし、マイホームの場合は施工不良の場合を除いて自己負担で修繕する必要があるので、しっかりと対策を覚えておきたいところです。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方