雨漏りの生活救急車は、船橋市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 船橋市

船橋市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    船橋市

    屋根に出来てしまったひび割れを修理業者に対応してもらいました。ひび割れに気付いたきっかけは、少量の雨漏りからでした。
    普段使用していない部屋の雨漏りに気付く事が出来たので本当に運が良かったと思います。
    私では無くて主人が雨漏りに気付きました。探し物をしていてたまたま雨漏り箇所が目に入ったみたいです。
    雨染みから察するにかなり雨漏りをしている様子だったので、すぐに業者に相談をしました。何かといつもお世話になっている業者さんなので、すぐに来てもらえました。屋根に上がってもらって雨漏り箇所を見てもらうと、屋根がひび割れをしているという結果でした。経年劣化でなったみたいでした。見積もりを出してもらい費用に納得が出来たので修理をしてもらいました。完璧に直ったのでとても良かったです。

  • エリア情報
    船橋市

    家の庭に大きな木があって屋根が陰になっているので、コケが生えていつの間にかかなりの面積に広がってしまいました。見た目も悪いし屋根が腐ったりすると困るので、掃除することを考えましたが素人には無理そうです。コケ落としをしてくれる業者を探して連絡したら、作業員が屋根に上って高圧洗浄機で徹底的にきれいにしてくれるそうなので、お願いすることにしました。
    指定した日に来てもらって、早速作業が始まりました。コケがかなりこびり付いていて落としにくい部分もあったのですが、最終的にまるで新築の屋根のようなきれいな状態に戻してもらうことができました。プロの洗浄道具を使うと仕上がりが全く違うことを実感しました。これからも定期的にコケ落としをやってもらおうと思います。

  • エリア情報
    船橋市

    風の強い日に屋根から何かがバタバタしている音がしていたのですが、ある年の台風でバリッという大きな音がして以降、静かになり「何かが屋根から剥がれた」という気がしました。翌日、道路を隔てた畑の手前に金属片の付いた板のようなものが落ちており、我が家の屋根から剥がれた何かだと察しました。今思えば、スレート屋根のてっぺんに付けるカバーである棟板金の一部だったのですが、当時は名称も知らず、ただただ屋根が壊れたことにショックを受けていました。中古住宅で築年数がそれなりに経っており、老朽化と台風が合わさっての被害で、放置したままでは必ず雨漏りすると考え、地元の業者さんに屋根の修理を依頼しました。外壁にも黒ずみが出ていたので、塗装も一緒にお願いしました。台風シーズンで、すぐに工事していただけるか不安でしたが、いったん屋根を応急修理していただき、安心することができました。後日、屋根の本格修理と外壁塗装もスムーズに完了、素早い対応が有難かったです。

  • エリア情報
    船橋市

    船橋市の自宅は、建築をしてからすでに20年ほどが経過しています。住宅は20年経過すると一度大規模なメンテナンスをした方が良いと言われていますが、確かにその通りでした。ある日、天井からポタポタと雨漏りが発生してしまいました。日曜大工が得意な夫が屋根の上に登り様子を見ましたが、どうやら屋根材の1部が劣化して壊れてしまったようです。夫は日曜大工はできても屋根の修理は少し厳しいと言っていたので、専門の業者に任せることにしました。
    私たちは電話帳で調べて近くにある業者を選んでみました。予定した日に来てもらうと、業者さんは丁寧に屋根の状態を説明してくれたのです。
    今も修理をしてもらい、屋根は無事に直りました。迅速な対応していただき、とても嬉しかったです。ありがとうございました。

  • エリア情報
    船橋市

    船橋市の中古住宅に引越し、その後メンテナンスをしないまま住み続けていたため、いつの間にか屋根が劣化を起こしていたようで、スレートの色が変わっていました。妙なまだら模様になっているところがあると、お向いのかたから教えていただいたのですが、自宅の屋根こそ、日ごろ目にすることができないので、劣化に気付きにくいことに改めて思い至りました。傷んだ屋根は放置すると雨漏りが起こりやすくなると考え、近所の業者さんに、まず点検を依頼しました。屋根のまだらっぽい変色はコケだったことが判明、そう教えられて他の箇所を見ると、ベランダの横などにもコケらしきものが見え、まずは洗浄していただくことになりました。築年数的に屋根の葺き替えが必要と思いつつ、劣化したところの修理とコケの洗浄で安心の状態にしていただけて、出費も抑えることができ、ホッとしました。

雨漏りのお役立ち情報

  • 賃貸物件で雨漏りが発生したら、借主としてはすぐにでも修理してほしいものです。賃貸物件の場合、建物が原因の雨漏りは基本的には貸主に修繕義務があります。反対に、借主には「善管注意義務」といって、修繕が必要になった場合は貸主に連絡をする義務があります。
    ところが、「貸主に連絡してもなかなか対応してもらえない」「借主から雨漏りの報告がなくて建物がボロボロになってしまった」など、トラブルになることも少なくありません。
    賃貸物件で雨漏りがあった場合はどのような対応をすべきか、貸主・借主両方の立場で考えてみましょう。

  • 屋根からの雨漏りですが、その原因となっている場所を特定するのは意外と簡単ではありません。また、仮に特定できたとしても、技術を持たない人が中途半端な修理を試みると、かえって雨漏りの被害を拡大してしまうことがあります。
    この記事では、屋根からの雨漏りの原因として考えられるものをざっと説明し、当面の応急処置の仕方について解説します。あわせて、費用負担なしで修理ができるケースについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • いつの間にかできていた壁や天井のシミ。それは、もしかしたら雨漏りが原因かもしれません。器用な人なら「自分で修理をしてしまおう!」と考えるかもしれません。しかし、雨漏りの原因を見つけるのは素人には難しいものです。見当はずれの補修をしても雨漏りはやまず、材料費も無駄になってしまいます。さらには、思わぬケガをして治療費がかかってしまうこともあるかもしれません。「もしかして雨漏りかな?」と思ったら、まずは業者に雨漏り調査を依頼してみましょう。

  • 雨漏りをしていることがわかっていても、原因となっている箇所や修理の仕方などがわからないということはよくあります。雨漏りの被害をそのまま放っておくと、建物の寿命が短くなってしまったり、カビが発生して健康を害したりする恐れさえあるのです。雨漏りの修理は高所で行われることがほとんどですから、専門業者に依頼してスピーディーに修理を行うと良いでしょう。この記事では、業者に連絡してから雨漏りの修理が完了するまでの流れについて解説していきます。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方