雨漏りの生活救急車は、高槻市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 高槻市

適正工事を行うので低価格 様々な雨漏りの修理や防水工事に対応します!

  • 雨漏り修理 ¥2,000(税抜)〜/m²

    雨漏りは天井以外にも壁から浸水する事もあります。原因を特定し、適正な工事を行います。

  • 防水工事 ¥2,000(税抜)〜/m²

    雨漏りの原因になる、コーキング処理やウレタン防水加工、シート防止などの工事を行います。

  • 屋根修理 ¥2,000(税抜)〜/m²

    屋根には様々な種類があり、修理方法や料金なども変わってきます。

サービスの流れ

  1. STEP01

    お問い合わせ

    雨漏りのトラブルでお困りの方はお気軽にお電話ください。トラブルの状況をお伺いいたします。

  2. STEP02

    スタッフが到着

    到着しましたら、まず名刺をお渡しします。その後現地調査をいたします。

  3. STEP03

    お見積り・作業説明

    現地調査後、正確な金額を提示いたします。作業内容もしっかり説明いたします。キャンセル頂いても料金はかかりません。

  4. STEP04

    作業・完了

    説明後に作業にとりかかります。無事に作業が完了しましたら、お支払いをお願い致します。

ここまでの作業は無料です

場合により料金が発生する可能性がございます。

高槻市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    高槻市

    自営業で経営している工場の屋根が老朽化によって腐ってしまいました。雨が降ると漏れ出てしまうため、なんとかしなければと専門の業者に相談してみることにしたのです。すると、その日のうちにスタッフの人が出張して来てくれ、詳しく調べるとかなり古くから腐り始めていていつ屋根が崩落してもおかしくないと言われ本当に驚きました。そこで、修理をお願いしたところ、スピーディーかつ正確な手さばきで半日もかからずに美しく仕上げてもらうことができたのです。もっと早く依頼しておけば良かったと感じるほど素晴らしいスキルでした。
    今後はしっかりとメンテナンスをしようと心に決め、この業者に頼むことが最適だと実感しました。気軽に相談しやすく対応も迅速なため、信頼できます。

  • エリア情報
    高槻市

    大阪府高槻市にある実家はかなり古い家で、庭には蔵があります。蔵といってもトタン屋根の簡易的なものですが、使わなくなったものの処分しきれない様々な家財道具などをしまっておけるため重宝しています。しかし、いつの間にか屋根に穴が開いてしまったようで、雨水が入り込んでいました。床がぬれた程度で収納していたものに影響がなかったのが幸いでしたが、このまま放置するわけにはいかないので専門業者に依頼して修理を行うことにしたのです。
    最近では屋根材にトタンを使うことが減ってきたようで、ガルバリウム鋼板に交換することにしました。蔵なので防音性や断熱性が低いことは問題にならず、軽量で建物にかかる負担が小さいことから選びました。
    交換を終えた蔵は近代的な見た目になり、屋根材によって印象が大きく変わることを知りました。

  • エリア情報
    高槻市

    高齢の両親が暮らしている高槻市の実家に帰ったときに、思ったよりも家が古くなっていて、特に屋根の色あせが気になりました。両親に聞いてみると、ずっと手入れをしていなくて、いつから手入れをしていないのかもわからないということだったので、よく見ていると、コケが生えている部分があって、水がしみ込んでいるのではないかと心配になりました。
    両親に屋根が傷んでいて、雨漏りなどの心配があることを話して、修理と塗り替えをすることになりました。無料点検を受けてみると、劣化しているところから水分が入り込んでいることや全体的な劣化があることが分かったので、塗り替えをお願いしました。修理や下地の処理、塗装を行い、色あせていた屋根が見違えるようにきれいになって、雨漏りの心配もなくなりました。

  • エリア情報
    高槻市

    私は高槻市で両親と一緒に一戸建てに暮らしており、広いですが祖父が建てた家でかなり古いものです。最近になって雨漏りするようになり、業者さんに調べてもらおうと家族で決めました。
    連絡を取って、まずは下見に来てくれることになり、屋根を調べてもらったところ、老朽化による屋根瓦の剥がれが原因と分かりました。そして詳しい修理方法と費用面を出してもらいましたが、全体的に老朽していて一部を直しても次の問題が発生する可能性が高いと言われました。それを聞き、この際だからと問題のある個所だけではなく屋根全体のリフォームをお願いしたのです。数日後に作業員さんたちがやって来て、新しい屋根瓦に張り替えてもらいました。その後は雨が降っても、台風が来ても雨漏りすることがなく、助かりました。

  • エリア情報
    高槻市

    私の祖父母は高槻市で暮らしていて、遊びに行った時に台風が通っていったのですが、翌日になって瓦がいくつか落ちているのに気付きました。このまま放置して帰れないと思い、祖父に尋ねてお世話になっている業者さんを教えてもらい、問い合わせてみました。するとすぐに様子を見に来てくれることになり、屋根をチェックしてもらったところ、全体的に劣化していることが分かりました。問題の箇所を直しても、その他の部分にもリスクがあることが分かり、屋根全体をリフォームしてもらうことになりました。
    リフォームということで厚くて軽い、耐震性にも優れている新素材の瓦を使ってもらうことにして、張り替えてもらいました。作業後は見た目が以前よりも美しくなり、安全性が高まりました。

雨漏りのお役立ち情報

  • 大雨や台風などで屋根が壊れた、経年劣化で屋根に隙間ができたなどを理由に雨漏りが発生します。なかには、外壁のひび割れやベランダなどから雨水が侵入してくるケースも見られます。室内にポタポタと水が漏れてくるのをなんとかして早急に止める必要がありますが、専門業者に頼むまでもないと判断し、自分で対処しようとする人も少なくありません。ここでは、自分で行う雨漏りの間違った対処法の危険性を紹介し、合わせて正しい方法や業者への依頼方法などにも触れていきます。

  • 新築住宅で雨漏りが生じた場合、一定の条件に当てはまれば、業者に対して無償で修理を請求することができます。業者に対して雨漏りの修理を請求できるのは、施工業者の施工ミスや手抜き工事などが原因の時です。
    一般的に、購入した商品に欠陥がある場合、買主は売主に対して民法上の責任追求ができますが、新築住宅の場合はその影響の大きさから別に法律が定められ、より手厚く保護されています。この記事では、どのような場合に雨漏りの修理を業者に対して請求できるのかという点について解説します。

  • 気候の変化や太陽光パネルの施工ミスなどが影響して、雨漏りの被害件数が増えてきています。「天井にシミがある」「大雨が降ったら二階が水浸し」といった経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。
    雨漏りがあると、そこに住む人に大きなストレスを与えます。けれども、いざ修理となると費用もかさみそうで、踏み出すハードルはそう低くはありません。とはいえ、そのまま放置するのは、実はたいへん危険なのです。ここでは、雨漏りを放置すると起こり得る二次被害についてまとめました。

  • 雨漏りは基本的に屋根にトラブルが起こり、そこから水が入って天井から落ちてきます。
    しかし、サッシに問題があるとそこから雨漏りになるケースもあります。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方