雨漏りの生活救急車は、高槻市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 高槻市

高槻市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    高槻市

    自営業で経営している工場の屋根が老朽化によって腐ってしまいました。雨が降ると漏れ出てしまうため、なんとかしなければと専門の業者に相談してみることにしたのです。すると、その日のうちにスタッフの人が出張して来てくれ、詳しく調べるとかなり古くから腐り始めていていつ屋根が崩落してもおかしくないと言われ本当に驚きました。そこで、修理をお願いしたところ、スピーディーかつ正確な手さばきで半日もかからずに美しく仕上げてもらうことができたのです。もっと早く依頼しておけば良かったと感じるほど素晴らしいスキルでした。
    今後はしっかりとメンテナンスをしようと心に決め、この業者に頼むことが最適だと実感しました。気軽に相談しやすく対応も迅速なため、信頼できます。

  • エリア情報
    高槻市

    大阪府高槻市にある実家はかなり古い家で、庭には蔵があります。蔵といってもトタン屋根の簡易的なものですが、使わなくなったものの処分しきれない様々な家財道具などをしまっておけるため重宝しています。しかし、いつの間にか屋根に穴が開いてしまったようで、雨水が入り込んでいました。床がぬれた程度で収納していたものに影響がなかったのが幸いでしたが、このまま放置するわけにはいかないので専門業者に依頼して修理を行うことにしたのです。
    最近では屋根材にトタンを使うことが減ってきたようで、ガルバリウム鋼板に交換することにしました。蔵なので防音性や断熱性が低いことは問題にならず、軽量で建物にかかる負担が小さいことから選びました。
    交換を終えた蔵は近代的な見た目になり、屋根材によって印象が大きく変わることを知りました。

  • エリア情報
    高槻市

    高齢の両親が暮らしている高槻市の実家に帰ったときに、思ったよりも家が古くなっていて、特に屋根の色あせが気になりました。両親に聞いてみると、ずっと手入れをしていなくて、いつから手入れをしていないのかもわからないということだったので、よく見ていると、コケが生えている部分があって、水がしみ込んでいるのではないかと心配になりました。
    両親に屋根が傷んでいて、雨漏りなどの心配があることを話して、修理と塗り替えをすることになりました。無料点検を受けてみると、劣化しているところから水分が入り込んでいることや全体的な劣化があることが分かったので、塗り替えをお願いしました。修理や下地の処理、塗装を行い、色あせていた屋根が見違えるようにきれいになって、雨漏りの心配もなくなりました。

  • エリア情報
    高槻市

    私は高槻市で両親と一緒に一戸建てに暮らしており、広いですが祖父が建てた家でかなり古いものです。最近になって雨漏りするようになり、業者さんに調べてもらおうと家族で決めました。
    連絡を取って、まずは下見に来てくれることになり、屋根を調べてもらったところ、老朽化による屋根瓦の剥がれが原因と分かりました。そして詳しい修理方法と費用面を出してもらいましたが、全体的に老朽していて一部を直しても次の問題が発生する可能性が高いと言われました。それを聞き、この際だからと問題のある個所だけではなく屋根全体のリフォームをお願いしたのです。数日後に作業員さんたちがやって来て、新しい屋根瓦に張り替えてもらいました。その後は雨が降っても、台風が来ても雨漏りすることがなく、助かりました。

  • エリア情報
    高槻市

    私の祖父母は高槻市で暮らしていて、遊びに行った時に台風が通っていったのですが、翌日になって瓦がいくつか落ちているのに気付きました。このまま放置して帰れないと思い、祖父に尋ねてお世話になっている業者さんを教えてもらい、問い合わせてみました。するとすぐに様子を見に来てくれることになり、屋根をチェックしてもらったところ、全体的に劣化していることが分かりました。問題の箇所を直しても、その他の部分にもリスクがあることが分かり、屋根全体をリフォームしてもらうことになりました。
    リフォームということで厚くて軽い、耐震性にも優れている新素材の瓦を使ってもらうことにして、張り替えてもらいました。作業後は見た目が以前よりも美しくなり、安全性が高まりました。

雨漏りのお役立ち情報

  • 屋根からの雨漏りですが、その原因となっている場所を特定するのは意外と簡単ではありません。また、仮に特定できたとしても、技術を持たない人が中途半端な修理を試みると、かえって雨漏りの被害を拡大してしまうことがあります。
    この記事では、屋根からの雨漏りの原因として考えられるものをざっと説明し、当面の応急処置の仕方について解説します。あわせて、費用負担なしで修理ができるケースについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 新築住宅であっても雨漏りが起きることはあります。新築住宅なのに雨漏りが生じる原因は、自然災害による損傷を除けば施工業者のミスや手抜き工事が考えられます。こうした場合、修理代を自分で負担する必要はありません。売主は買主に対してさまざまな責任を負っているからです。
    しかし、権利は知らないと行使することができません。
    この記事では、新築住宅で売主が原因で起きた雨漏りと、自然災害が原因で起きた雨漏りの解決法について解説します。

  • 住まいに雨漏りを発見したら、驚き、戸惑う人も多いことでしょう。
    雨漏りを放置すれば、雨が降るたびに室内空間に雨水が侵入してしまうことになります。
    さらなるトラブルを防ぎ、住宅の寿命を長くするためには、速やかに修理することが重要です。
    高額になりがちな雨漏り修理ですが、火災保険が適用されるケースもあることをご存知ですか?
    雨漏りと屋根修理、そして火災保険の関連性について、知っておきたいポイントをまとめます。

  • いつの間にかできていた壁や天井のシミ。それは、もしかしたら雨漏りが原因かもしれません。器用な人なら「自分で修理をしてしまおう!」と考えるかもしれません。しかし、雨漏りの原因を見つけるのは素人には難しいものです。見当はずれの補修をしても雨漏りはやまず、材料費も無駄になってしまいます。さらには、思わぬケガをして治療費がかかってしまうこともあるかもしれません。「もしかして雨漏りかな?」と思ったら、まずは業者に雨漏り調査を依頼してみましょう。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方