• 賃貸物件で雨漏りが発生したら、借主としてはすぐにでも修理してほしいものです。賃貸物件の場合、建物が原因の雨漏りは基本的には貸主に修繕義務があります。反対に、借主には「善管注意義務」といって、修繕が必要になった場合は貸主に連絡をする義務があります。
    ところが、「貸主に連絡してもなかなか対応してもらえない」「借主から雨漏りの報告がなくて建物がボロボロになってしまった」など、トラブルになることも少なくありません。
    賃貸物件で雨漏りがあった場合はどのような対応をすべきか、貸主・借主両方の立場で考えてみましょう。

  • どんな建物であっても新築から10年、20年と長い年月が経つにつれ、老朽化によるトラブルが起こりやすくなってくるものです。なかでも「雨漏り」は生活にも深刻な影響が出る重大なトラブルです。
    雨漏りは経年劣化によって起こりやすいトラブルの1つで、メンテナンス不足や建築部材や構造上の問題などによっても発生リスクが高くなります。
    そこで、ここでは具体的にどんな建物が雨漏りリスクが高いのか、いくつかのポイントを挙げてその原因について考えていきましょう。

  • 新築住宅であっても雨漏りが起きることはあります。新築住宅なのに雨漏りが生じる原因は、自然災害による損傷を除けば施工業者のミスや手抜き工事が考えられます。こうした場合、修理代を自分で負担する必要はありません。売主は買主に対してさまざまな責任を負っているからです。
    しかし、権利は知らないと行使することができません。
    この記事では、新築住宅で売主が原因で起きた雨漏りと、自然災害が原因で起きた雨漏りの解決法について解説します。

  • 新築住宅で雨漏りが生じた場合、一定の条件に当てはまれば、業者に対して無償で修理を請求することができます。業者に対して雨漏りの修理を請求できるのは、施工業者の施工ミスや手抜き工事などが原因の時です。
    一般的に、購入した商品に欠陥がある場合、買主は売主に対して民法上の責任追求ができますが、新築住宅の場合はその影響の大きさから別に法律が定められ、より手厚く保護されています。この記事では、どのような場合に雨漏りの修理を業者に対して請求できるのかという点について解説します。

  • 自宅が雨漏りしてしまったときには、専門的な技術や知識を持った業者に依頼する必要がありますが、自分でできる雨漏りの応急処置を覚えておくと、もしものときに被害を最小限に抑えることができます。雨漏りの応急処置の方法の中には比較的簡単にできるものもあるため、被害の状況に合わせて試してみると良いでしょう。この記事では、業者が到着するまでに自分で行うことができる雨漏りの対処方法について解説していきます。

  • 雨漏りトラブルは突然発生するものですが、マンションなどの大きな建物だと直接の原因がよくわからないことがあります。雨漏りの原因の多くは適切なメンテナンスを行っていなかったことで起きてしまいますが、その具体的な原因箇所は建物の状態や構造によってさまざまです。
    そこで、今回は建物の構造上の問題、施工上の問題、そしてメンテナンス不足の3つの点に分けて、原因不明の雨漏りがどこで起きやすいのかについて説明していきましょう。

  • 屋根からの雨漏りですが、その原因となっている場所を特定するのは意外と簡単ではありません。また、仮に特定できたとしても、技術を持たない人が中途半端な修理を試みると、かえって雨漏りの被害を拡大してしまうことがあります。
    この記事では、屋根からの雨漏りの原因として考えられるものをざっと説明し、当面の応急処置の仕方について解説します。あわせて、費用負担なしで修理ができるケースについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • いつの間にかできていた壁や天井のシミ。それは、もしかしたら雨漏りが原因かもしれません。器用な人なら「自分で修理をしてしまおう!」と考えるかもしれません。しかし、雨漏りの原因を見つけるのは素人には難しいものです。見当はずれの補修をしても雨漏りはやまず、材料費も無駄になってしまいます。さらには、思わぬケガをして治療費がかかってしまうこともあるかもしれません。「もしかして雨漏りかな?」と思ったら、まずは業者に雨漏り調査を依頼してみましょう。

  • 自宅が雨漏りをしていると気になるため、原因を突き止めようと専門業者に依頼して行う調査を検討することがあるでしょう。しかし、実は雨漏りの調査に関しては、調査をするべきときと、する必要がないときがあるのです。雨漏りの調査をするだけで費用がかかりますから、調査をするべきときを見極めてサービスを利用することが重要といえるでしょう。この記事では、雨漏りの調査が必要なときと調査が必要ではないときを、具体的に解説していきます。

  • 雨漏りは、そこに住む人に大きなストレスを与えます。修理したいと思っても、修理業者の悪いうわさを耳にする機会も多いので、「誰に頼めば安心なのかわからない」と悩んでいる人もいるでしょう。また、「修理したばかりなのに再発した」というケースが珍しくないのも、雨漏り工事の特徴です。
    穴をふさぐだけ、と思いがちな雨漏り修理は、実はとても難易度の高い工事です。ベテランでも失敗することがあるほどなので、料金が安いからという理由で業者を選ぶと後悔しがちです。
    では、どんなところに注意して雨漏り工事を依頼すればよいのでしょうか。

  • 気候の変化や太陽光パネルの施工ミスなどが影響して、雨漏りの被害件数が増えてきています。「天井にシミがある」「大雨が降ったら二階が水浸し」といった経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。
    雨漏りがあると、そこに住む人に大きなストレスを与えます。けれども、いざ修理となると費用もかさみそうで、踏み出すハードルはそう低くはありません。とはいえ、そのまま放置するのは、実はたいへん危険なのです。ここでは、雨漏りを放置すると起こり得る二次被害についてまとめました。

  • 雨漏りを直接の補償対象とした「雨漏り保険」のような商品は存在しませんが、それに代わるものとして火災保険があります。住宅を購入した人の多くは火災保険に入っているでしょうが、もし加入していないのであれば将来の雨漏りに備えて加入するのがおすすめです。
    この記事では、火災保険でどのような場合に雨漏りが補償されるのか解説します。また、火災保険に入っていなくても補償されるケースがあるので、この点についても説明します。

  • 梅雨の時期や台風の後など、天井からぽたぽたと落ちてくる雨漏り。放っておくと家全体がジメジメとして湿気が溜まり、カビやシロアリの発生原因にもなります。ひどくなってくると健康にも害を及ぼすため、早めに対処をしなければなりません。雨漏りをしている所にバケツを置いて水を溜めるだけでなく、根本的な解決方法を知りたいものです。ここでは、雨漏りの原因や自分でできる対処方法、専門業者への依頼などについて紹介します。

  • 雨漏りをしていることがわかっていても、原因となっている箇所や修理の仕方などがわからないということはよくあります。雨漏りの被害をそのまま放っておくと、建物の寿命が短くなってしまったり、カビが発生して健康を害したりする恐れさえあるのです。雨漏りの修理は高所で行われることがほとんどですから、専門業者に依頼してスピーディーに修理を行うと良いでしょう。この記事では、業者に連絡してから雨漏りの修理が完了するまでの流れについて解説していきます。

  • 大雨や台風などで屋根が壊れた、経年劣化で屋根に隙間ができたなどを理由に雨漏りが発生します。なかには、外壁のひび割れやベランダなどから雨水が侵入してくるケースも見られます。室内にポタポタと水が漏れてくるのをなんとかして早急に止める必要がありますが、専門業者に頼むまでもないと判断し、自分で対処しようとする人も少なくありません。ここでは、自分で行う雨漏りの間違った対処法の危険性を紹介し、合わせて正しい方法や業者への依頼方法などにも触れていきます。

  • 雨漏りに気付いたら早めに直したいものです。しかし、実は雨漏りの原因となっている箇所を特定したり修理したりするのは意外と難しいのです。
    そのため、雨が降っている最中に修理するのはもとより、雨が止んでからでも自力で直そうとするのはおすすめしません。雨漏りに気付いたら、なるべく早めに信頼できる業者を探して依頼するのがベストです。
    この記事では、プロに直してもらうまでの間、一般の人でもできる応急処置の方法について解説します。

  • マンションは戸建に比べて、雨漏りの診断が難しいといわれています。集合住宅という性質上、雨水の侵入だけが原因ではなく、上階からの水漏れの可能性もあるからです。原因が水漏れだった場合、その原因箇所が専有部分か共有部分かで対応や修理費用の負担責任が異なります。そこで、マンションで考えられる雨漏り・水漏れの原因や対応方法を紹介します。また、ご近所トラブルにもなりうる水漏れを発生させないために、暮らしのなかで気をつけたいことも考えてみましょう。

  • 毎日の生活で屋根の状況を細かく確認することは難しいため、雨漏りというのは突然やってくるトラブルでもあります。
    天井からポタポタと雨漏りが始まったら、応急処置として雨漏りグッズがあると役立ちます。
    万が一に備えて、役立つ雨漏りグッズをご紹介します。

  • 鉄筋コンクリート住宅は屋上が完全にコンクリートで覆われているので、「雨漏りなんてあり得ない」と思いがちです。
    しかし建物を覆うコンクリートのひび割れや穴によって、雨漏りすることがあります。

  • 大金をはたいて購入したマイホームが、わずか1年で雨漏り。
    新築でもこのようなトラブルが起こることがあります。
    新築で雨漏りした時は、築10年以内であれば保険が適用されて実質負担なく修理ができます。

  • 住宅の老朽化を除くと、雨漏りが起こる原因として多いのが「台風」です。
    台風は強風が吹くため、それが原因で屋根が損傷するケースがよくあり、そこから雨水が侵入して雨漏りが発生します。

  • 雨漏りの修繕費用は修理内容によって大きく変わり、数万円~200万円が相場です。
    屋根瓦を一枚直すだけなら1万円前後で済みますし、屋根全体を修繕する必要がある場合は100万円を軽く超えるの費用が掛かります。

  • 雨漏り発生後は屋根を修理して終わりではなく、カビ対策も重要です。
    雨漏りとカビはセットと言っても過言ではなく、特に夏季はちょっとした雨漏りでも壁の中にカビが生えやすいです。

  • 雨漏りは基本的に屋根にトラブルが起こり、そこから水が入って天井から落ちてきます。
    しかし、サッシに問題があるとそこから雨漏りになるケースもあります。

  • 住宅の雨漏りを放置すると、それが原因で漏電してしまうことがあります。
    また漏電よりも危険なのが、電気と水が接触して起こる火災です。
    これは他人事ではありません。<br>「漏電」+「雨漏り」による火災はどんな住宅にもあり得ることを覚えておきましょう。

  • 賃貸住宅の場合、雨漏りの原因は老朽化や自然災害が多いため、修繕費用が自己負担になるケースはほとんどありません。
    しかし、マイホームの場合は施工不良の場合を除いて自己負担で修繕する必要があるので、しっかりと対策を覚えておきたいところです。

  • 賃貸住宅で雨漏りが起きると、「修理は自腹?それとも大家さんが払ってくれる?」と悩みますよね。
    この疑問は理屈がわかれば意外と簡単に解消できます。
    詳細を見ていきましょう。

  • これまで普通に生活してきた家で、もしも突然雨漏りが起こったら……。
    どうすれば良いのか困ってしまう人も多いことでしょう。
    とはいえ、ただうろたえているだけではいけません。
    被害を最小限に食い止めるためには、自分自身の手でまずは応急処置を行う必要があります。
    いざというときのために知っておきたい雨漏りの応急処置のポイントと、その後の行動について紹介します。

  • 雨の日になると、天井から雨水がぽたぽたと垂れてくるのは、いわゆる「雨漏り」の状態です。
    現代の住宅において、ここまでひどい雨漏りは稀なケースかもしれません。
    しかし「小さな雨染みができる程度の雨漏り」は、意外と多く発生しています。
    「この程度なら、晴れればすぐに乾いてしまうはず!」と考えるのは危険です。
    雨漏りを放置するリスクについて、詳しく教えます。

  • 住まいに雨漏りを発見したら、驚き、戸惑う人も多いことでしょう。
    雨漏りを放置すれば、雨が降るたびに室内空間に雨水が侵入してしまうことになります。
    さらなるトラブルを防ぎ、住宅の寿命を長くするためには、速やかに修理することが重要です。
    高額になりがちな雨漏り修理ですが、火災保険が適用されるケースもあることをご存知ですか?
    雨漏りと屋根修理、そして火災保険の関連性について、知っておきたいポイントをまとめます。

  • 雨漏りは、住宅に起こりうるトラブルとしては比較的身近なものです。
    屋根や外壁に何らかの問題が起き、雨水が内部に侵入するというシンプルなトラブルですが、いざ修理しようとすると、多額の費用が必要となってしまうこともあります。
    こんなとき、住民を援助してくれる補助金や制度はあるのでしょうか。<br>
    利用できる補助金の内容、条件、そして申請方法など、気になる情報をまとめて紹介します。

  • 部屋がカビ臭い・・・」と思ったら、その原因の1つとして雨漏れに注意をしておきたいところです。
    雨漏れは目に見えない理由なので、一般的に気付かないことが多いです。

  • 雨漏り被害は部屋が水浸しになる程度の被害に留まりません。
    雨漏り被害はときに人の生活を左右するような、甚大な被害を生み出すことがあるのです。
    水滴が屋根素材を通過するとき、屋根素材に大量の水分を残していくため、カビ被害や白アリ被害なども発生してしまいます。
    これを繰り返すと雨漏り被害は、部屋が水浸しになる程度のレベルでは済みません。
    被害症状と対策方法を抑えていきましょう。

  • 雨漏りの発生地点の特定は非常に重要なので、一般的に良く発生する地点は把握する必要があります。

    雨漏りの発生地点が重要というのは、それを特定することが出来れば、防水テープなどで雨漏りの発生地点を塞ぐことが出来るためです。
    といっても、雨漏りの発生地点を特定することはプロでも難しいことです。
    そこでこの記事では、良く発生する地点5つをリストアップしました。

  • 屋根の瓦の葺き替え(張り替え)工事は、屋根素材を総とっかえするわけですから、景観的にも雨漏り対策という面でも高い効果があります。
    この記事では屋根の瓦の葺き替え工事をすることで、雨漏りの何が解消できて何が解消できないかをお伝えしていきます。

  • 「屋根の雨漏りを今すぐ止めたい!」
    屋根の雨漏りは業者に頼むのが、一番確実で迅速な方法です。
    しかし、雨漏りで実害が発生しているとなれば、業者が駆けつける間に応急処置だけでも行う必要があります。
    この記事では、今すぐに雨漏りを止める方法を難易度別に三段階でお伝えします。

  • 雨漏れの発生原因とは?
    雨漏れが起こってしまう原因と、その根本的な対策方法について解説していきます。