雨漏りの生活救急車は、福岡市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 福岡市東区
  • 福岡市博多区
  • 福岡市中央区
  • 福岡市南区
  • 福岡市城南区
  • 福岡市早良区

福岡市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    福岡市西区

    福岡市西区にある父方の実家は祖父の代に建てたもので、築五十年以上が経過しています。これまで大きなトラブルもなく平穏な生活を送ってきましたが、台風が直撃したときに屋根瓦の一部が飛ばされてしまいました。雨漏りするといったことはなかったものの、その部分だけ新たに瓦を入れると古い箇所との違いが目立ってしまうため、全て交換することにしたのです。
    父は自分で作業を行いたいと言い出しましたが、屋根に登る危険な作業になるため専門業者に依頼することにしました。最近では屋根瓦も見なくなりましたが、地元で古くから施工を行っている工務店なので経験豊富で安心です。
    完成した屋根は見違えるほど美しくなり、遠目から見ると家自体も新しくなったように見えます。専門業者に依頼して良かったです。

  • エリア情報
    福岡市博多区

    私の家は福岡市博多区にあり両親と同居している古い一戸建てです。家が古いので何度かメンテナンスを行っているのですが、屋根の変色がひどくなってきていて心配になってきたので、雨漏りなどはまだしていないのですが点検してもらいました。
    塗装が劣化して変色していることや、放っておくと劣化が進んで屋根の下地や屋根裏など大規模な修理が必要になる可能性があること、1年くらいなら持つかもしれないけれども近いうちに屋根塗装をしたほうが良いことなどが分かりました。料金がとても明確で前に屋根塗装をした時よりも安かったのでお願いしました。安いので期待していなかったのですが、塗料なども質の良い物を使っており、屋根の補修や下地もていねいに行ってくれたのでとても満足しています。

  • エリア情報
    福岡市城南区

    私が住んでいるのは福岡市城南区で中古の一戸建てを購入して8年になります。購入した時にはきれいだったと思うのですが、屋根が劣化してさびが目立つようになってきました。気になって友人に相談したところ、屋根が古くなってきて塗装が薄くなったり、はがれたりしてくるとさびがでたり放っておくと雨漏りになって、修理費用がとても高くなると聞きました。
    まだ雨漏りしたことはなかったので早いうちに塗り替えたいと思い、業者に依頼するとまずは無料で点検をしてくれ、料金の見積もりを出してくれました。足場代や工賃、塗料の種類と値段などをしっかりと説明してくれ、信頼できると思ったので塗装をお願いしました。ていねいでスピーディな作業でご近所へのあいさつもしてくれ大満足です。

  • エリア情報
    福岡市早良区

    二階建ての自宅の屋根から雨漏りがするようになっていましたが、最初の頃はそれほど大した水量じゃなかったのでそれほど気にしていませんでした。しかし、日ごとに悪化していたので自分で原因を調べようとして屋根を点検しましたが、まったく原因がわからなかったので業者の方に来て見てもらいました。
    見てもらったところ原因は屋根のコーキング部分が老朽化しており、修理が必要とのことでした。ちゃんと直るのか心配でしたが何の問題もなく直してもらうことができ、雨漏りが起こることもなくなったので本当に頼んでよかったです。今後の屋根のメンテナンスの方法なども親切に教えてもらうことができとても役立っています。
    一時はどうなることかと思いましたが直って本当に良かったです。

  • エリア情報
    福岡市西区

    私は、40代の専業主婦で、福岡県福岡市西区に旦那が建てた一軒家に住んで居ます。家は、結婚2年目でローンを組んで建てた大切な我が家で、屋根に乗っている瓦が古き良き日本の家屋の感じをかもしだしています。しかし、数年前の夏に、かなり大きな台風が私たちの住む町に直撃しました。その日から雨が降ると、居間とリビングに雨漏りがするようなりました。そこで、近くにある修理やさんに雨漏り箇所をみてもらうと、屋根の瓦のズレによって、雨漏りが起きてしまっているようでした。 そこで、修理を依頼しました。かなり出費はしましたが、雨漏りは防ぎたいと思ったので依頼をしました。後日、雨が降ると今まで同様に雨漏りが起きました。業者に問い合わせをすると、そもそもの基盤が悪いと言われ、前回かかった倍の費用を請求されました。今は弁護士を挟んで対応を協議していますが、このような詐欺まがいのことは多いようです。

雨漏りのお役立ち情報

  • 気候の変化や太陽光パネルの施工ミスなどが影響して、雨漏りの被害件数が増えてきています。「天井にシミがある」「大雨が降ったら二階が水浸し」といった経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。
    雨漏りがあると、そこに住む人に大きなストレスを与えます。けれども、いざ修理となると費用もかさみそうで、踏み出すハードルはそう低くはありません。とはいえ、そのまま放置するのは、実はたいへん危険なのです。ここでは、雨漏りを放置すると起こり得る二次被害についてまとめました。

  • 賃貸住宅で雨漏りが起きると、「修理は自腹?それとも大家さんが払ってくれる?」と悩みますよね。
    この疑問は理屈がわかれば意外と簡単に解消できます。
    詳細を見ていきましょう。

  • 賃貸住宅の場合、雨漏りの原因は老朽化や自然災害が多いため、修繕費用が自己負担になるケースはほとんどありません。
    しかし、マイホームの場合は施工不良の場合を除いて自己負担で修繕する必要があるので、しっかりと対策を覚えておきたいところです。

  • 屋根からの雨漏りですが、その原因となっている場所を特定するのは意外と簡単ではありません。また、仮に特定できたとしても、技術を持たない人が中途半端な修理を試みると、かえって雨漏りの被害を拡大してしまうことがあります。
    この記事では、屋根からの雨漏りの原因として考えられるものをざっと説明し、当面の応急処置の仕方について解説します。あわせて、費用負担なしで修理ができるケースについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方