雨漏りの生活救急車は、大阪市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 大阪市豊島区
  • 大阪市福島区
  • 大阪市此花区
  • 大阪市西区
  • 大阪市港区
  • 大阪市大正区
  • 大阪市天王寺区
  • 大阪市浪速区
  • 大阪市西淀川区
  • 大阪市東淀川区
  • 大阪市東成区
  • 大阪市生野区
  • 大阪市旭区
  • 大阪市城東区
  • 大阪市阿倍野区
  • 大阪市住吉区
  • 大阪市東住吉区
  • 大阪市西成区
  • 大阪市淀川区
  • 大阪市鶴見区
  • 大阪市住之江区
  • 大阪市平野区
  • 大阪市北区
  • 大阪市中央区

大阪市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    大阪市平野区

    築20年ほどの大阪市平野区の住宅ですが、屋根にコケが生えていて、だんだんコケが増えてきているので、きれいにしたいと思い、評判が良かった業者の見積もりを依頼しました。きれいになればよいと思っていたのですが、劣化している箇所があることが分かり、修理をお願いすることにしました。
    業者の人が説明してくれたのですが、コケが生えている部分は、水分が染み込んでいて劣化が進んでいるので、除去するだけよりも瓦自体を交換して、下地も補修したほうが良いということでした。水分が家に染み込むようになると、家自体の劣化も進んでしまうということだったので、点検を受けてよかったと思いました。価格も思ったよりもリーズナブルで、丁寧に作業をしてくれました。放っておかなくてよかったと思いました。

  • エリア情報
    大阪市東淀川区

    僕の家は父から受け継いだ築50年あまりの一軒家です。僕と妻の生まれ故郷にある大阪市の東淀川区に建っています。父から譲り受けたので今まで大事に住んでいましたが、最近日本瓦でできた瓦屋根が老朽化によりもろくなっているのに気づきました。さすがにこれから子供が大きくなるまで住もうと思っていただけに、このままの状態では雨漏りの心配もあったので業者を呼び、瓦を交換した際の費用とひびわれが目立つ瓦の補修を同時に見積りをお願いしました。すると、やはり高いのは交換でしたが僕が思っていたより安かったため、妻と相談した上ですべて交換をしました。一新した屋根の父から譲り受けた家は雰囲気ががらりと変わり、とても若返ったようで高い費用を出した価値がありました。

  • エリア情報
    大阪市浪速区

    妻の両親と私たち家族で大阪市浪速区に二世帯住宅を建てました。同居してから10年になりそろそろ家のメンテナンスの時期だとちょうど話していたころにとても強い台風が来て、瓦屋根にひび割れができてしまいました。台風が過ぎた後にニュースで大きな被害が近くであったことを知り、屋根を見ていた時に偶然発見したのですが、見えない部分もあるので心配になり業者に依頼することにしました。
    点検をしてもらったところ、1カ所ではなく3カ所もひび割れがあることが分かり、瓦が浮いている部分もあるということで、次にまた強い台風が来たら雨漏りの可能性があると分かり修理をお願いしました。壊れている箇所の修理だけでなく屋根をていねいに点検してくれたので安心することができました。

  • エリア情報
    大阪市城東区

    私たち家族は大阪市城東区で暮らしています。12~3年ほど前に塗り替えた屋根の色あせが最近気になるようになってきたので屋根塗装の見積もりを依頼しました。数軒の業者の見積もりを受けたのですが、値段の差よりも丁寧に説明してくれたり、親身になって相談してくれたりする業者に頼んだ方が気持ちが良いと思い、対応が丁寧で料金を明確に説明してくれた業者に依頼しました。
    屋根塗装の大切さなども分かりやすく教えてくれ、塗料の種類と特徴なども説明をしてくれました。料金は少し高かったのですが耐久性が高く、断熱性にも優れているという塗料を選びました。作業がとても丁寧で下地の処理などもきちんと行ってくれました。ご近所への気配りもありがたくこの業者を選んで正解でした。

  • エリア情報
    大阪市東成区

    大阪市東成区で暮らしている父が古くなった屋根を交換したいという話を聞きました。退職をして今後のことを考えると、早目に家のメンテナンスをしておきたいという相談でした。悩んでいるようだったので休日を利用して実家に行ってみると、確かに屋根が古くなっていて、将来的にはメンテナンスが必要になると思いました。状態や費用などが分からないので、業者に相談をしてみることになりました。
    業者の人はていねいに屋根を見てくれて、修理をした場合や屋根材の交換をした場合などの費用やメリット、デメリットなどを私にも、父にもわかりやすく説明してくれました。父は納得して屋根材の交換を依頼しました。父は作業がていねいで説明や料金も明確だったので、屋根にトラブルが起きる前に頼んでよかったと満足そうにしていました。

雨漏りのお役立ち情報

  • これまで普通に生活してきた家で、もしも突然雨漏りが起こったら……。
    どうすれば良いのか困ってしまう人も多いことでしょう。
    とはいえ、ただうろたえているだけではいけません。
    被害を最小限に食い止めるためには、自分自身の手でまずは応急処置を行う必要があります。
    いざというときのために知っておきたい雨漏りの応急処置のポイントと、その後の行動について紹介します。

  • どんな建物であっても新築から10年、20年と長い年月が経つにつれ、老朽化によるトラブルが起こりやすくなってくるものです。なかでも「雨漏り」は生活にも深刻な影響が出る重大なトラブルです。
    雨漏りは経年劣化によって起こりやすいトラブルの1つで、メンテナンス不足や建築部材や構造上の問題などによっても発生リスクが高くなります。
    そこで、ここでは具体的にどんな建物が雨漏りリスクが高いのか、いくつかのポイントを挙げてその原因について考えていきましょう。

  • 賃貸住宅の場合、雨漏りの原因は老朽化や自然災害が多いため、修繕費用が自己負担になるケースはほとんどありません。
    しかし、マイホームの場合は施工不良の場合を除いて自己負担で修繕する必要があるので、しっかりと対策を覚えておきたいところです。

  • 雨漏りトラブルは突然発生するものですが、マンションなどの大きな建物だと直接の原因がよくわからないことがあります。雨漏りの原因の多くは適切なメンテナンスを行っていなかったことで起きてしまいますが、その具体的な原因箇所は建物の状態や構造によってさまざまです。
    そこで、今回は建物の構造上の問題、施工上の問題、そしてメンテナンス不足の3つの点に分けて、原因不明の雨漏りがどこで起きやすいのかについて説明していきましょう。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方