雨漏りの生活救急車は、堺市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区

堺市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    堺市東区

    数年前に私が住む堺市東区の自宅も台風の被害にあいました。翌日、家のさまざまな部分をチェックし、見た目にわかる被害はなく安心していましたが、台風の五日後に再び大雨が降りその雨により我が家で雨漏りが発生しました。2階の部屋の天井に大きなシミができ、びっくりしてすぐに業者に連絡をしました。
    翌日に雨がやむと業者はすぐに来てくれました。屋根をチェックすると何枚かの瓦がずれていたようです。きっと台風の時の強風でずれてしまったのでしょう。このままにしていては雨漏りがますますひどくなるばかりなので、すぐに修理を依頼しました。費用はかなりかかってしまいましたが、これ以上の被害を防ぐことができたので、よかったと思っています。すぐに対応してくれた業者にはとても感謝しています。

  • エリア情報
    堺市中区

    自宅の屋根から軋むような音がするようになり、老朽化していると感じたので自分で直そうと思いましたが、素人が勝手にやると危険そうだったので修理を依頼しました。
    実際に業者の方に家に来てもらって屋根を見てもらったところ、音の原因はやはり屋根の老朽化が原因でした。業者の方にしっかりと処置をしてもらったらまったく音がしなくなったので本当によかったです。修理に何日もかかると思っていたのですが、思っていたよりもはるかに早く直してもらったので腕が良いと感じました。また、さびて老朽化していた鉄製の部品などを交換したことの説明もしっかりとしてもらえましたし、笑顔で愛想もよかったので本当に好感が持てました。今後家のことで何か問題があったら是非また依頼したいと思っています。

  • エリア情報
    堺市北区

    家を建ててから15年、雨漏りがするようになったため、堺市北区の業者に調べてもらう事にしました。
    ある程度の年月が経っていると、スレートが劣化してくるようで、スレートが浮いている状態の時に強い風などで破損してしまい、その部分から雨漏りが起こっていると説明してもらいました。
    現場の状態の写真なども見せてもらいながら、どのような修理作業を行えば良いのかという事もわかりやすく教えてもらいました。
    修理費用の見積りは無料で出してもらったのですが、自分では納得出来る金額だったと思います。
    すぐに修理作業に入ってもらい、元の雨漏りのしない屋根にして頂きました。
    修理後の写真などもきちんとファイルにして見せていただき、その後のメンテナンスもしっかり行ってもらってます。
    良心的な業者さんに施工してもらって良かったと思います。

  • エリア情報
    堺市堺区

    雨の日の翌日、部屋の壁や天井に雨漏りが起きているのを発見しました。自分で水の侵入箇所を探してみたものの、見つからず困っていました。大量の水が漏れているわけではありませんが、雨漏りは柱や壁を劣化させると聞いていたので、すぐに専門の業者さんに修繕を依頼することにしました。業者さんが点検したところ、スレート屋根の一部にひび割れが生じ、そこから内部に水が侵入して雨漏りの原因となっているとのことでした。修繕はひび割れが起きたスレート屋根を撤去し、問題部分を修復して元の位置に戻すだけで、大掛かりな工事も必要となく費用も安く済みました。割れが起きたのは屋根全体が劣化しているのも原因の一つなので、近いうちに塗装の塗り直しなどを行うようアドバイスも行ってくれました。

  • エリア情報
    堺市美原区

    時々大雨のあとに、ポタポタ水滴が落ちることがあったので「もしや雨漏り?」かと、すぐに業者に連絡しました。幸い数時間後に診てもらうことができたので良かったのですが、原因は屋根の塗装がさびていてそこから雨漏りしているとのことでした。すぐに修理と塗り替えを依頼して、最短で日程を組んでもらうことになりました。いつ雨が降るかわからないし、また雨漏りしたら困るので早めの日程は助かりました。他にも不具合がないか点検してもらったので、修理のあとは雨漏りの心配も不安もなく快適ですが、気がつかないうちに雨漏りしていたことはビックリであり、怖いことだと痛感しました。業者さん曰く「早い段階で良かったですよ」とのこと、雨漏りは運が悪かったけれど、早めの対処ができたことは運が良かったと実感しています。

雨漏りのお役立ち情報

  • 賃貸住宅の場合、雨漏りの原因は老朽化や自然災害が多いため、修繕費用が自己負担になるケースはほとんどありません。
    しかし、マイホームの場合は施工不良の場合を除いて自己負担で修繕する必要があるので、しっかりと対策を覚えておきたいところです。

  • 賃貸物件で雨漏りが発生したら、借主としてはすぐにでも修理してほしいものです。賃貸物件の場合、建物が原因の雨漏りは基本的には貸主に修繕義務があります。反対に、借主には「善管注意義務」といって、修繕が必要になった場合は貸主に連絡をする義務があります。
    ところが、「貸主に連絡してもなかなか対応してもらえない」「借主から雨漏りの報告がなくて建物がボロボロになってしまった」など、トラブルになることも少なくありません。
    賃貸物件で雨漏りがあった場合はどのような対応をすべきか、貸主・借主両方の立場で考えてみましょう。

  • 日本では梅雨や台風などの季節には大雨が降るので、一軒家やマンション、アパートなど建物の種類によらず気になるのは雨漏りです。雨漏りは気がついたときに早めの対処が必要になります。そこで今回は雨漏りを見つけるために業者が行う調査方法と、依頼する時に気を付けたいポイントについて紹介します。

  • 雨漏りを直接の補償対象とした「雨漏り保険」のような商品は存在しませんが、それに代わるものとして火災保険があります。住宅を購入した人の多くは火災保険に入っているでしょうが、もし加入していないのであれば将来の雨漏りに備えて加入するのがおすすめです。
    この記事では、火災保険でどのような場合に雨漏りが補償されるのか解説します。また、火災保険に入っていなくても補償されるケースがあるので、この点についても説明します。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方