雨漏りの生活救急車は、横浜市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 横浜市鶴見区
  • 横浜市神奈川区
  • 横浜市西区
  • 横浜市中区
  • 横浜市南区
  • 横浜市港南区
  • 横浜市保土ヶ谷区
  • 横浜市旭区
  • 横浜市磯子区
  • 横浜市金沢区
  • 横浜市港北区
  • 横浜市緑区
  • 横浜市青葉区
  • 横浜市都筑区
  • 横浜市戸塚区
  • 横浜市栄区
  • 横浜市泉区
  • 横浜市瀬谷区

横浜市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    横浜市磯子区

    僕は、2年前に横浜市磯子区に一軒家を建てました。家族四人で移り住んできた磯子区は、海が近く、また大きな公園も近くにあったりと住む場所にはとても良い場所でした。
    家を建てるとき、昔ながらの家が好きだった私は、瓦の屋根の家を希望し、建てました。建った当初は、そのかっこよさに感動すら覚えましたが、数日後磯子区に降った、台風を伴った大雨により、雨漏りをしてしまいました。
    新居が水浸しになることを恐れた私はすぐに近くのリフォーム業者を利用しました。すると、すぐに原因を探ってくれ、屋根と屋根の間に空いた隙間が原因ということがわかりました。なにはともあれ、原因がわかったので、見つけてくれた業者に修理を依頼して、解消されました。雨漏り自体人生初の経験だったので、近くにプロがいて安心でした。

  • エリア情報
    横浜市旭区

    私の家は、代々住まれている築80年になる古い瓦屋根が特徴的な古民家の家でした。私自身はこの家が好きだったので、愛着はありました。去年のことですが、家にいるとリフォーム会社を名乗る営業マンに屋根が危ないといわれました。また、買わせるだけの営業だろうと思い、聞き流していたものの、言っていることがまともで聞き入ってしまいました。その営業マンがいうには、日本瓦の寿命は50年から100年が一般的だが、私の家の瓦は、割れているなどの症状が出ているから早急に交換したほうがよいとのことでした。その夜、父と母にその旨を伝えて、後日交換の依頼を飛び込みで来てくれた営業さんに伝えました。金額は、かなりのものでしたが、瓦の長持ちする方法もしっかりとおしえてくれ、満足でした。

  • エリア情報
    横浜市戸塚区

    倉庫の屋根が老朽化して剥がれてきたので業者に頼んで修復して貰いました。長年屋根の手入れを全くしていなかったのが原因で、屋根材が台風等で次第に劣化していたらしく、屋根材を新しいものに交換してもらい修復が完了しました。地元の業者のホームページを調べて連絡するとその日のうちに来てくれて、昼からの作業で夕方には終了したので手際の良い作業に満足しています。屋根材を新しくする事で建物全体の耐久性も上がるらしく、定期的にチェックする事で修復すべき場所がわかるのでこれからは注意したいです。修理前までは天井から風が入っているのか異音がしていましたが、それもなくなって雨漏りもしなくなったので修復が綺麗にできて良かったです。地元の良い業者を知っていると困った事があるとすぐに相談できるので助かりました。

  • エリア情報
    横浜市瀬谷区

    横浜市瀬谷区に住んでいます。住宅は築30年を過ぎています。ある日天井から雨漏りがしているのを発見したので、修理に来てもらいました。急な雨漏りだったので、今すぐにでも来て欲しいという希望通り対応は素速く、すぐに来て緊急修理をしてもらえました。家自体が古いこともあり、やはり屋根の一部が破損していたらしく、後日瓦を何枚か交換することになりました。工事の前に見積もり書を明瞭に出してもらえたので、納得してお願いできました。工事も丁寧で、しかも屋根の見栄えも良くなったので、ひと安心しました。その後のトラブルは全くありません。値段は想像していたより安く済んだので良かったです。信頼できる会社なので、近い内に屋根全体や外回りの修復をお願いしようかなと思っています。

  • エリア情報
    横浜市南区

    横浜市南区の実家の屋根材が自然災害で破損してしまったため、業者に修繕をお願いしました。雨漏りがするほど酷い状態だったので、その旨を伝えて早めに修繕をしてほしいと依頼したところ素早く対応してもらうことができました。作業をしてくれたスタッフが経験豊富な方で、作業はスムーズでした。現在の状況とどのようにこれから修繕していくのかを詳しく説明してもらえたので、安心して任せることができました。費用の見積もりを作業に取りかかる前に出してもらえたので、金額に納得してから作業を依頼することができたところも良かったです。仕上がりも問題なく、大満足です。屋根が破損したまま生活するのは被害が広がりそうで不安だったので、早めに依頼をして正解でした。今は屋根が直って安心した暮らしができています。

雨漏りのお役立ち情報

  • 雨漏り被害は部屋が水浸しになる程度の被害に留まりません。
    雨漏り被害はときに人の生活を左右するような、甚大な被害を生み出すことがあるのです。
    水滴が屋根素材を通過するとき、屋根素材に大量の水分を残していくため、カビ被害や白アリ被害なども発生してしまいます。
    これを繰り返すと雨漏り被害は、部屋が水浸しになる程度のレベルでは済みません。
    被害症状と対策方法を抑えていきましょう。

  • 日本では梅雨や台風などの季節には大雨が降るので、一軒家やマンション、アパートなど建物の種類によらず気になるのは雨漏りです。雨漏りは気がついたときに早めの対処が必要になります。そこで今回は雨漏りを見つけるために業者が行う調査方法と、依頼する時に気を付けたいポイントについて紹介します。

  • どんな建物であっても新築から10年、20年と長い年月が経つにつれ、老朽化によるトラブルが起こりやすくなってくるものです。なかでも「雨漏り」は生活にも深刻な影響が出る重大なトラブルです。
    雨漏りは経年劣化によって起こりやすいトラブルの1つで、メンテナンス不足や建築部材や構造上の問題などによっても発生リスクが高くなります。
    そこで、ここでは具体的にどんな建物が雨漏りリスクが高いのか、いくつかのポイントを挙げてその原因について考えていきましょう。

  • いつの間にかできていた壁や天井のシミ。それは、もしかしたら雨漏りが原因かもしれません。器用な人なら「自分で修理をしてしまおう!」と考えるかもしれません。しかし、雨漏りの原因を見つけるのは素人には難しいものです。見当はずれの補修をしても雨漏りはやまず、材料費も無駄になってしまいます。さらには、思わぬケガをして治療費がかかってしまうこともあるかもしれません。「もしかして雨漏りかな?」と思ったら、まずは業者に雨漏り調査を依頼してみましょう。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方