雨漏りの生活救急車は、さいたま市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • さいたま市西区
  • さいたま市北区
  • さいたま市大宮区
  • さいたま市見沼区
  • さいたま市中央区
  • さいたま市桜区
  • さいたま市浦和区
  • さいたま市南区
  • さいたま市緑区
  • さいたま市若槻区

さいたま市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    さいたま市西区

    朝起きて、リビングの雨戸を開けたところ、庭に何かの破片が落ちているのに気づきました。なんだろうと思いてにとって見ると、それは屋根の瓦の破片でした。確認しようにも屋根なので確認することもできず、心配になり業者に依頼しました。
    業者は器用にはしごを使って屋根によじのぼり、屋根の確認をしてくれました。一部分割れているところがみつかり、原因は特にはなく、経年劣化によるものだろうということでした。屋根や外壁は常に風雨や太陽にさらされていることから、かなりの負担を強いられているとのことでした。このままにしておくと雨漏りにつながる可能性もあるということで、すぐに修理を依頼しました。割れている部分を新しいものに取り替えてもらいました。費用も思ったよりも安く、これでしばらくは安心です。

  • エリア情報
    さいたま市緑区

    さいたま市緑区にある中古の一戸建てを購入しました。築年数も古く、いろいろ手直しをしなくては住むことができない状態でしたが、自分たちでリフォームすれば気持ちよく住めるのではないかと思い購入しました。室内のリフォームは素人の私たちでもなんとかなりましたが、屋根の変色や色あせはどのように修理していいのか素人の私にはさっぱりわかりませんでした。そこで、業者さんに下見にきてもらい、大体の修理の内容と見積もりをしていただきました。想像していたよりもずいぶん安い料金で済むようだったので、思いきってプロの方にお願いすることにしました。プロの仕事は実にすばらしく、古い中古住宅が新しくよみがえったように見えました。変色や色あせもなく美しい家になり、とても満足です。

  • エリア情報
    さいたま市大宮区

    さいたま市大宮区の老朽化した家の屋根を葺き替えしました。何十年と屋根の手入れを殆どしていなくて、雨漏りや瓦がずれている箇所を修復して貰いたいので地元の業者に頼んで屋根材を一新して貰いました。本当はもっと早めに交換した方が良かったらしく、かなり傷んでいましたが手際よく修理して貰えて満足しています。業者に連絡をしてから次の日には自宅まで来てくれて、現地で見積もりをした後と事前の見積もりが全く同じ料金でトラブルもなく良い業者に頼んで良かったです。屋根の瓦も綺麗な並びになり見た目も美しくなったので、次からは定期的にチェックを頼んでトラブルの発生前に対処したいです。

  • エリア情報
    さいたま市南区

    かつて修理をした屋根からきしむ音がして、屋根裏から調べてみたところ、無数のひび割れが見つかりました。どうやら悪徳業者にしてやられた形跡があり、今度頼む業者は信頼のおけるところを探すことにしました。苦労の末見つけた業者は、全国規模に拠点を構える大手修理業者で、屋根トラブルの件について見積りを要請しました。すると、ネット上のやりとりなのか、1時間以内に見積りを済ませたので正直驚きました。当日、業者のスタッフ一同に屋根周りの状況を話したら、簡潔なレスポンスが返ってきて「よく理解している」と頭の中で感心しました。屋根の修理には、器材を動かす音と同時に指示を与える声が入り混じって、業者に任せてもいいことでホッとしながら普段通りに過ごしていました。無事屋根が直って一安心し、悪徳業者を選ばなかった自分も褒めてやりたい気がしました。

  • エリア情報
    さいたま市中央区

    私は、工場のオーナーをしているのですが、父から受け継いだ工場で、結構古くなっていたため、そろそろ塗装をしないとサビも心配なのですが、機械を止めるわけにもいかないので、業者に相談させて頂きました。
    相談したところ、工場の機械を止めなくても大丈夫だということだったの本当に助かりました。実際に来て、見積もりを出してもらったのですが、思っていたよりも安く、また、サビが発生している箇所も見つけてくれて、落とす作業もしっかりとやってくれるというのでとても助かりました。
    塗装をしてもらったら、それほど時間がかからずおわりました。見栄えもとても良く、綺麗に塗装されており、あらかじめ想定していた期間よりも長くもつということなのでとても良かったです。機械も止めずに丁寧な仕事をしてもらいとても満足です。

雨漏りのお役立ち情報

  • 新築住宅であっても雨漏りが起きることはあります。新築住宅なのに雨漏りが生じる原因は、自然災害による損傷を除けば施工業者のミスや手抜き工事が考えられます。こうした場合、修理代を自分で負担する必要はありません。売主は買主に対してさまざまな責任を負っているからです。
    しかし、権利は知らないと行使することができません。
    この記事では、新築住宅で売主が原因で起きた雨漏りと、自然災害が原因で起きた雨漏りの解決法について解説します。

  • 住まいに雨漏りを発見したら、驚き、戸惑う人も多いことでしょう。
    雨漏りを放置すれば、雨が降るたびに室内空間に雨水が侵入してしまうことになります。
    さらなるトラブルを防ぎ、住宅の寿命を長くするためには、速やかに修理することが重要です。
    高額になりがちな雨漏り修理ですが、火災保険が適用されるケースもあることをご存知ですか?
    雨漏りと屋根修理、そして火災保険の関連性について、知っておきたいポイントをまとめます。

  • 屋根からの雨漏りですが、その原因となっている場所を特定するのは意外と簡単ではありません。また、仮に特定できたとしても、技術を持たない人が中途半端な修理を試みると、かえって雨漏りの被害を拡大してしまうことがあります。
    この記事では、屋根からの雨漏りの原因として考えられるものをざっと説明し、当面の応急処置の仕方について解説します。あわせて、費用負担なしで修理ができるケースについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 雨漏りというと、天井からポタポタと雨水が落ちてきて、バケツなどの容器を何個も並べて受け止めている様子をイメージする人が多いのではないでしょうか。現実には、水がポタポタと落ちてきて、バケツが必要になるほどの雨漏りというのは大変な状況です!しかし、雨漏りに気づくのが遅くなれば、ああいった状況も実際に起こり得ます。ある日突然、天井からポタポタと雨水が落ちてくることだけが雨漏りではありません。多くの場合、雨漏りには前兆があります。ここでは、雨漏りに早く気づくために知っておくべき前兆を3つ紹介します。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方