雨漏りの生活救急車は、静岡市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 静岡市葵区
  • 静岡市駿河区
  • 静岡市清水区

静岡市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    静岡市清水区

    屋根からポタリポタリ雫が落ちるのを妙に思い、調べてみたら屋根が古いせいか腐っていました。もうすぐ梅雨の季節なので、急いで大手の外壁業者に頼んでみることにしました。屋根の件を話したら、作業服を着たスタッフが2~3人駆けつけて、屋根裏を中心に調べてくれました。原因は、結露による屋根下地の劣化によるものと分かり、室内に熱がこもることで起こるトラブルだそうです。一度、スタッフが提案する施工に対して家族会議を開き、満場一致でその案に乗ることにしました。工事は2か月程度に及びましたが、工事された屋根は新築同様で、雨漏りの心配がない出来栄えでした。家のことはすべて業者の言われるままに建てていたので、トラブルに見舞われないよう、勉強していきたいと思いました。

  • エリア情報
    静岡市駿河区

    私の住んでいるところは静岡県の静岡市駿河区にあります。海が近いのでここに決めました。元々静岡県の出身で駿河区自体はとても気に入っている土地だったので、こちらに家を構えたいと昔から思っていました。
    しかし、海の近くに住んでいる方ならおわかりでしょうが私の家のような瓦屋根であると、塩水によりコケが多く生えてしまうのです。私が家を建ててから5年の時いよいよみっともなかったので、業者に依頼しコケ落としの洗浄を依頼しました。料金はやはり高めでしたが専用の工具に洗浄液を使用し、一枚一枚丁寧に取っていました。最終的には高圧洗浄機を使用しきれいになりました。見積り時の値段を見たときはびっくりしましたが、結果的にやってよかったと思います。

  • エリア情報
    静岡市葵区

    台風が来て雨風が非常に強かった日の翌日、ふと天井と壁の境目に濡れたように広がるシミがあるのを発見しました。まだ新しい家でしたので、雨漏りが起きるなど考えたこともなかったものの、早めに修理を行いたくて専門の業者に点検と修理を依頼しました。屋根や外壁、ベランダなどの雨が侵入しやすい部分を全て点検してもらったところ、やはり原因は屋根にあるとのことでした。なぜ雨漏りが起こったのかという、雨漏りの原因となっている部分を詳しく説明してくれて、どのような目的で修理を行うかも丁寧に話してもらえたので、安心して修理を任せることができました。屋根は劣化などではなく、台風の影響で一部に雨の入る隙間ができてしまったということで、簡単な修理で直すことができて良かったです。

  • エリア情報
    静岡市駿河区

    我が家は昔ながらの瓦屋根ですが、長い年月をかけだんだんと劣化してきました。台風などの風が強い日にいくつかの瓦が飛び、僅かながら雨漏りも認められたので自分で屋根材を調達するのも大変だと思い、静岡市駿河区の業者にお願いする事にしました。業者さんに相談すると、屋根の葺き替えにも色んな種類があるのだと知る事ができました。話し合いの末、我が家の状態に合わせた屋根を選びました。どういった種類が良いか、どういったデザインが良いかなど詳しく相談できたのもとても良かったです。屋根が新しくなったおかげで雨や風が強い日でも屋根や雨漏りなどの心配をする必要がなくなったのもとても嬉しい事です。自分ではわからない事が多いのでこういったことは専門の業者に頼むのが一番だと感じた出来事でした。

  • エリア情報
    静岡市清水区

    長く家に住み続けているとやはり屋根の塗装は剥げてきますね。買い物帰りから家路につく際に我が家の屋根をみてかなり色が落ちてきていてみっともないので業者に塗装の塗り替えをお願いする事にしました。静岡市清水区の塗装業者に電話をかけると比較的早く来てくれました。てきぱきと足場を組み、またご近所などへの配慮も最大限して下さったので作業が進むたび、お隣さんが感じ良く「綺麗になって良いわね」と褒めて下さいました。素人ではこうも手際よく綺麗にはいかないだろうなと思いながら、業者さんに頼んで良かったなと心から思える出来事でした。今は綺麗になった屋根を見ると、心も華やぎ、家族たちの「ただいま」という声もいっそう明るく聞こえます。長く付き合っていく家の事だからこそ、これからもきちんとした業者さんに任せたいですね。

雨漏りのお役立ち情報

  • これまで普通に生活してきた家で、もしも突然雨漏りが起こったら……。
    どうすれば良いのか困ってしまう人も多いことでしょう。
    とはいえ、ただうろたえているだけではいけません。
    被害を最小限に食い止めるためには、自分自身の手でまずは応急処置を行う必要があります。
    いざというときのために知っておきたい雨漏りの応急処置のポイントと、その後の行動について紹介します。

  • どんな建物であっても新築から10年、20年と長い年月が経つにつれ、老朽化によるトラブルが起こりやすくなってくるものです。なかでも「雨漏り」は生活にも深刻な影響が出る重大なトラブルです。
    雨漏りは経年劣化によって起こりやすいトラブルの1つで、メンテナンス不足や建築部材や構造上の問題などによっても発生リスクが高くなります。
    そこで、ここでは具体的にどんな建物が雨漏りリスクが高いのか、いくつかのポイントを挙げてその原因について考えていきましょう。

  • 新築住宅で雨漏りが生じた場合、一定の条件に当てはまれば、業者に対して無償で修理を請求することができます。業者に対して雨漏りの修理を請求できるのは、施工業者の施工ミスや手抜き工事などが原因の時です。
    一般的に、購入した商品に欠陥がある場合、買主は売主に対して民法上の責任追求ができますが、新築住宅の場合はその影響の大きさから別に法律が定められ、より手厚く保護されています。この記事では、どのような場合に雨漏りの修理を業者に対して請求できるのかという点について解説します。

  • 雨漏りに気付いたら早めに直したいものです。しかし、実は雨漏りの原因となっている箇所を特定したり修理したりするのは意外と難しいのです。
    そのため、雨が降っている最中に修理するのはもとより、雨が止んでからでも自力で直そうとするのはおすすめしません。雨漏りに気付いたら、なるべく早めに信頼できる業者を探して依頼するのがベストです。
    この記事では、プロに直してもらうまでの間、一般の人でもできる応急処置の方法について解説します。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方