雨漏りの生活救急車は、相模原市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 相模原市緑区
  • 相模原市中央区
  • 相模原市南区

相模原市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    相模原市緑区

    私の自宅は相模原市緑区にあります。結婚してすぐに新築住宅を購入したので、かれこれもう20年以上経過していることになります。最近、自宅によく塗装業者が訪れるようになり、屋根の塗料の剥がれを指摘されることが多くなってきました。確かにこの家に住み始めてから一度もメンテナンスをしたことがなく、私たちも非常に心配していました。そこでこれを機に一度しっかりとメンテナンスを行おうと思い、業者選びを始めました。一応、今までの業者のチラシをとっておいたので、その中から対応がよいと感じていた業者に依頼しました。
    実際に点検してもらうと、やはり塗料の剥がれがひどく、このままでは雨漏りにつながる可能性もあるということで、すぐに塗り直しをお願いしました。結構、費用がかかるのだろうと思っていましたが、しっかりと事前に見積もりを出してくれたので安心してお任せすることができました。

  • エリア情報
    相模原市南区

    私の家は、瓦屋根なのですが、雨が降ったあとに、雨漏りしているみたいで天井にシミができるようになってしまいました。家を建てた時の建築業者は、もうすでに連絡が取れないこともあり、屋根の補修に強い業者を探すしかありませんでした。たまたま見つけた業者に、現状をみてもらい見積もりをしてもらう事にしました。瓦をはがして見てもらったところ、木の枝や鳥のフンなどがところどころ詰まっていて、防水シートに負担がかかり劣化して染みていたようです。雨漏りの状態にはしておけないので、修理を依頼しました。下地の木の板も腐った状態なので、交換してもらい、防水シートも張り替えてもらいました。最終的には、メンテナンスが楽な、瓦葺の屋根から屋根用の材質に変えてもらう事にしました。

  • エリア情報
    相模原市中央区

    何年か前に私たちの住む地域に台風が来たことがありました。今までに経験したことのないものすごい暴風雨で、家が壊れないかとびくびくしていたのを覚えています。そして台風が過ぎ去った次の日に、外に出てみると、玄関の前に屋根の瓦の一部分が落ちていました。主人に屋上から見てもらうと、玄関の上の方の屋根の瓦が崩れ、何枚かひび割れしているのがわかるといわれました。
    私はすぐに業者に連絡をしました。確認してもらうと、確かに何枚かひび割れているということでした。このまま放置してしまうと、再び崩れおちてくる可能性や、雨漏りにつながる可能性があるということで、すぐに修理をしてもらいました。台風の後で忙しかったと思いますが、すぐに対応してもらえたので、とても安心できました。

  • エリア情報
    相模原市緑区

    台風が通過したときに、自宅の屋根に異変が起きました。どうやら、雨漏りが発生してしまったようです。雨漏りは、自分で直そうと思えば直せそうですが、最近足腰が弱くなって来ていますので、無理をするのはやめようと思いました。そこで私は、インターネットで検索して自宅から近い屋根の修理業者に連絡をしてみると、翌日の午前中には来てくれたのです。そこで私は、業者から屋根が破損していたことを知らされます。修理をするのはお金がかかりますので、見積もりを出してもらったところ、思ったよりも費用が掛からなかったためそのまま業者さんにお願いをしました。
    いずれにしても、私では直す技量がありません。最終的には業者さんの腕前にかかっているところです。2時間ほど経過し、修理が終了したと言われました。それ以降雨漏りがなくなり非常に助かっています。

  • エリア情報
    相模原市南区

    以前業者に屋根にさび止めを塗ってもらってから随分と年月が経ったことを思い出し、さび止めの塗り直しを依頼しました。
    年月が経っていたこともあって金属部分に既にさびが出ており、部品の交換をおすすめされたので交換してもらいました。作業員の方達がとても手際の良い作業をしてくれたので早い時間で終わりましたし、料金も思ったほどはかからなかったのでよかったです。ついでに割れている瓦も交換してもらえましたし、それ以外にも細かな部分を修理してもらえたので本当に満足しています。
    屋根関連は自分では修理や交換などができない場所なのでこういう業者の方達の存在はとても心強いです。今後も屋根以外のことでも何か修理などが必要になったらお世話になりたいと思っています。

雨漏りのお役立ち情報

  • 自宅が雨漏りをしていると気になるため、原因を突き止めようと専門業者に依頼して行う調査を検討することがあるでしょう。しかし、実は雨漏りの調査に関しては、調査をするべきときと、する必要がないときがあるのです。雨漏りの調査をするだけで費用がかかりますから、調査をするべきときを見極めてサービスを利用することが重要といえるでしょう。この記事では、雨漏りの調査が必要なときと調査が必要ではないときを、具体的に解説していきます。

  • モンスーンアジアの東端に位置する日本は、世界でも雨の多い地域です。国土交通省の調べによると、日本の年平均の降水量は1718mmで、これは世界平均の約2倍に相当します。なかでも雨が集中する梅雨期や台風期には、雨による水漏れなどの水害に悩む方も多いのではないでしょうか。本記事では、建物を水害から守る防水工事の内容や施工のタイミング、工法の種類などをくわしく紹介します。

  • 大雨や台風などで屋根が壊れた、経年劣化で屋根に隙間ができたなどを理由に雨漏りが発生します。なかには、外壁のひび割れやベランダなどから雨水が侵入してくるケースも見られます。室内にポタポタと水が漏れてくるのをなんとかして早急に止める必要がありますが、専門業者に頼むまでもないと判断し、自分で対処しようとする人も少なくありません。ここでは、自分で行う雨漏りの間違った対処法の危険性を紹介し、合わせて正しい方法や業者への依頼方法などにも触れていきます。

  • これまで普通に生活してきた家で、もしも突然雨漏りが起こったら……。
    どうすれば良いのか困ってしまう人も多いことでしょう。
    とはいえ、ただうろたえているだけではいけません。
    被害を最小限に食い止めるためには、自分自身の手でまずは応急処置を行う必要があります。
    いざというときのために知っておきたい雨漏りの応急処置のポイントと、その後の行動について紹介します。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方