雨漏りの生活救急車は、那覇市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 那覇市

那覇市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    那覇市

    自分で庭木の伐採作業をしていたら、屋根の上にかかっていた枝を誤って落としてしまい屋根にひび割れができてしまいました。そのままだと雨漏りの原因になって大変なので修理をしている業者を探して電話したら、すぐにでも出張して修理工事をしてくれるという話でした。料金についても聞いたら、大まかな見積もりを出してくれて、思ったより安かったので安心しました。
    電話で話した通り作業員が自宅に来て、屋根の状態を見たらそれほど大きなダメージではなかったので部分的な修繕作業だけで済みました。自分が素人目で見たときは大被害だと思っていたので一安心でした。おかげで料金も見積もりより安く済んで、作業時間もわずかでした。信頼できるプロにお願いしてよかったです。今後は気をつけたいです。

  • エリア情報
    那覇市

    自宅の雨漏りを察知した私は、早急に対策を練る必要に迫られました。沖縄は雨の多い地方なので、梅雨の時期に雨漏りと重なると生活苦を強いられるからです。さっそく、市内の塗装業者にお願いして、雨漏りの原因を調べて欲しいと頼みました。調べてみた結果、瓦が敷かれた下地に問題があることが判明し、屋根塗装工事を着工することで解決する旨を話してくれました。屋根塗装には、10年程度の塗り直しが求められる・さび止めの効果があることを教えてくれ、納得した上で工事を依頼しました。上から物音が聞こえてきますが、おもに1階で生活しているので、それほど苦にはなりませんでした。工事を終えてから見える屋根は、新築同様の風貌が見えて、家を建てる頃の時期を思い出してしまいました。あと数日に迫る梅雨に対して、万全を期すことができてホッとしています。

  • エリア情報
    那覇市

    私の自宅は那覇市にあります。沖縄は夏の時期に本当によく台風の被害に遭います。何年か前もやはり沖縄を通過し、その際に私の家にも被害が及びました。台風の翌日に、なにも被害がないと思って安心していると、お昼ごろに、急に2階の天井にしみが現われました。すぐに雨漏りだと分かり、父親に連絡しました。父親の知り合いの業者がいるので、父親からその業者に連絡をしてもらい、すぐに業者は下見に来てくれました。
    見てもらったところ、前からの雨漏りではなく、今回の台風によるものだろうということで、それほど被害が大きくはありませんでした。しかしなおさなければ、このまま被害が大きくなるだろうということで、すぐに修理を依頼しました。翌日からすぐに修理にあたってくれて、初期段階で発見できたので、それほど費用もかかることなく、直すことができました。

  • エリア情報
    那覇市

    私の義実家は那覇市にあります。築50年近くになる古い民家で、かなり老朽化してきています。先日、風が強かった日に屋根の一部が破損してしまいました。すごい大きな音がしたので、気になって外に出てみると屋根の破片が落ちていたのです。
    このままでは雨漏りなどの不具合が生じてくると困りますし小さい子供に怪我をさせてしまったら大変ですので、一度専門業者に依頼してみることにしました。屋根が破損した部分を交換してもらい、見た目も美しくなりました。
    屋根は家の中の大切な部分ですので、壊れてしまったら大変です。新しい屋根は丈夫にしてもらうだけではなく、過ごしやすくなるように作り変えていただきました。おかげで暑さも以前に比べてマシになった気がします。依頼してよかったです。

  • エリア情報
    那覇市

    生まれた時からずっと沖縄県民として暮らしてきた私は、那覇市にある実家に住んでいます。沖縄では、見たことがあるひとが多いとは思いますが、日本瓦の屋根の一軒家がとても多いです。その景観は決して、都会ではみることができない景色となっています。私の家も当然、日本瓦の屋根でしたが、築年数で100年を超えていたため、ひび割れがとても多く、次第に雨漏りをするようになりました。これじゃいけないと思い、リフォーム会社に修理を依頼しました。作業は至ってシンプルで、ひび割れてどうしようもない瓦を交換するだけです。私の家は、20枚ばかりの交換で済んだので、比較的はやく終わりました。しかし、日本瓦は高価で一枚当たりの値段も高いため、かなりの費用は掛かってしまいました。

雨漏りのお役立ち情報

  • 雨漏りの修繕費用は修理内容によって大きく変わり、数万円~200万円が相場です。
    屋根瓦を一枚直すだけなら1万円前後で済みますし、屋根全体を修繕する必要がある場合は100万円を軽く超えるの費用が掛かります。

  • モンスーンアジアの東端に位置する日本は、世界でも雨の多い地域です。国土交通省の調べによると、日本の年平均の降水量は1718mmで、これは世界平均の約2倍に相当します。なかでも雨が集中する梅雨期や台風期には、雨による水漏れなどの水害に悩む方も多いのではないでしょうか。本記事では、建物を水害から守る防水工事の内容や施工のタイミング、工法の種類などをくわしく紹介します。

  • 業者に頼んで、修理したはずなのに、雨漏りが止まらないケースがあります。何度も修理することを繰り返していると、費用ばかりがかさむことに。また、家の寿命も縮まってしまいます。そこで、修理しても雨漏りが止まらない原因を踏まえながら、業者に修理を依頼する場合に気を付けること、業者に確認しておくべき大事なポイントを紹介していきます。

  • 雨の日になると、天井から雨水がぽたぽたと垂れてくるのは、いわゆる「雨漏り」の状態です。
    現代の住宅において、ここまでひどい雨漏りは稀なケースかもしれません。
    しかし「小さな雨染みができる程度の雨漏り」は、意外と多く発生しています。
    「この程度なら、晴れればすぐに乾いてしまうはず!」と考えるのは危険です。
    雨漏りを放置するリスクについて、詳しく教えます。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方