雨漏りの生活救急車は、川崎市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 川崎市川崎区
  • 川崎市幸区
  • 川崎市中原区
  • 川崎市高津区
  • 川崎市宮前区
  • 川崎市多摩区
  • 川崎市麻生区

川崎市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    川崎市多摩区

    川崎市多摩区に住んでいる50代の女です。私の家は一戸建てで、築25年経過しています。新築時は綺麗な屋根だったのですが、最近になって老朽化が進んでしまい、屋根のトラブルに悩まされるようになりました。最近起きた一番のトラブルは雨漏りです。長年住んでいますが、まさか自分の家が雨漏りするとは思いませんでした。今年の夏のゲリラ豪雨によって、屋根の隙間から水が浸入するようになりました。場所はキッチン周辺で、ひどい時は2~3時間でバケツいっぱいに水がたまります。どうにか対応しないといけないと思い、業者を呼びました。業者は水の浸入経路をたどり、原因を見つけて補修作業を行ってくれました。それからは水が浸入してくることはなくなり、安心した毎日を送っています。

  • エリア情報
    川崎市川崎区

    私の家は、比較的都会にある一軒家です。父がこだわって建てた家は、職人が焼いた瓦を敷き詰めた、昔さながらの屋根でした。しかし、その屋根で先日、家を建てた業者と一悶着がありました。
    それは、6月のある休みの日、前日から降り続く雨で外に出れず、うちのなかで家族で団欒の時を過ごしていたのですが、突然「ポタッポタッ」と天井から大粒の雨が降ってきて、よくみると大きなシミになっていました。家を建てた業者はお休みだったので、近くのリフォーム業者に相談し、雨漏り箇所をみてもらうと、近年問題になった屋根材が使われていると知りました。その当時は問題なく使われていたようなので、雨漏りをしている瓦屋根の家の方は注意した方がいいかもしれません。

  • エリア情報
    川崎市高津区

    川崎市高津区の築25年の家に住んでいます。久しぶりに実家の両親が我が家に遊びにきたのですが、その両親が私たちの家を見て、ずいぶんと屋根の塗装が変色したと言いました。私たちは毎日この家を見ているので気が付かなかったのですが、久しぶりにみた両親はそう思ったようです。これだけ変色が見られるのだからそろそろ塗り直しをした方がよいのではないかと言われたので、両親が帰った後に、すぐに業者に相談をしました。
    業者が見積もりに訪れ、確かに早いうちに塗り直しをしたほうがよいだろうということで、そのまま契約をしました。1週間後から塗り直しが行われ、屋根とともに外壁も同時に行いました。まるで新築のような家にうまれかわり、家族全員とてもうれしく思っています。

  • エリア情報
    川崎市幸区

    私の家は、3代つづけて同じ家に住んでおり、昔ながらの瓦屋根が特徴的な家でした。私自身、この家が好きだったので、これからもずっと住む予定でしたが、さすがに家の方が傾きや雨漏りなどでガタが来ていました。
    しかし、それよりもショックだったのが、屋根のコケや色あせにより瓦の本来の良さがなくなってきたことです。その後、父が亡くなり、私の所有物となった時、リフォーム専門業者に屋根の入れ替えの見積りをお願いしました。すると、その見積りは私が思っていたよりずっと安かったものでした。なので、依頼をそのまま業者にお願いをして、交換してもらいました。作業日数もそこまでかからず、隣近所への配慮も業者さんにしてもらえたので気持ちよく、プチリフォームをすることができました。

  • エリア情報
    川崎市中原区

    半年ほど前大雨が降った翌日に2階の部屋の掃除をしていました。ふと天井を見上げたところ、雨漏りをしているのがわかりました。びっくりしてすぐに業者をよんで見てもらうことにしました。
    業者は屋根の上にあがり一通り調査してくれましたが、屋根に異常はありませんでした。雨漏りの原因は外壁のひび割れによるものでした。外壁の一部分にひび割れがあり、そこから雨が侵入して雨漏りが発生していたのです。このままでは被害が広がってしまうだろうということで、ひび割れの修繕をした方がよいと言われました。このまま家に住めなくなってしまっては困るので修繕だけでなく、一緒に外壁塗装と屋根の塗装もお願いすることにしました。費用の面ではかなりの出費となりましたが、しばらくは安心してこの家に住めると思い感謝しています。

雨漏りのお役立ち情報

  • 新築住宅で雨漏りが生じた場合、一定の条件に当てはまれば、業者に対して無償で修理を請求することができます。業者に対して雨漏りの修理を請求できるのは、施工業者の施工ミスや手抜き工事などが原因の時です。
    一般的に、購入した商品に欠陥がある場合、買主は売主に対して民法上の責任追求ができますが、新築住宅の場合はその影響の大きさから別に法律が定められ、より手厚く保護されています。この記事では、どのような場合に雨漏りの修理を業者に対して請求できるのかという点について解説します。

  • 大金をはたいて購入したマイホームが、わずか1年で雨漏り。
    新築でもこのようなトラブルが起こることがあります。
    新築で雨漏りした時は、築10年以内であれば保険が適用されて実質負担なく修理ができます。

  • 雨漏りは、そこに住む人に大きなストレスを与えます。修理したいと思っても、修理業者の悪いうわさを耳にする機会も多いので、「誰に頼めば安心なのかわからない」と悩んでいる人もいるでしょう。また、「修理したばかりなのに再発した」というケースが珍しくないのも、雨漏り工事の特徴です。
    穴をふさぐだけ、と思いがちな雨漏り修理は、実はとても難易度の高い工事です。ベテランでも失敗することがあるほどなので、料金が安いからという理由で業者を選ぶと後悔しがちです。
    では、どんなところに注意して雨漏り工事を依頼すればよいのでしょうか。

  • 住宅の老朽化を除くと、雨漏りが起こる原因として多いのが「台風」です。
    台風は強風が吹くため、それが原因で屋根が損傷するケースがよくあり、そこから雨水が侵入して雨漏りが発生します。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方