雨漏りの生活救急車は、岡山市の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

  • 岡山市北区
  • 岡山市東区
  • 岡山市南区

岡山市のみなさま、はじめまして!雨漏りの生活救急車です。16世紀に建てられた「岡山城」や、1700年から続く日本庭園「岡山後楽園」など歴史的な見どころが多い岡山市。倉敷市や備前市からほど近く、観光の起点にもなるオススメの街。そんな魅力的な街に住む方も多くいらっしゃいますが、古い建物が多く残っていたり、災害の影響があったりなど「雨漏り」のご相談をよく受けます。私たち雨漏りの生活救急車は天井のシミや水漏れなど様々な「雨漏りのトラブル」を解決してきました。確かな実績と良心的なサービスを行っていますので、安心してお任せください。

適正工事を行うので低価格 様々な雨漏りの修理や防水工事に対応します!

  • 雨漏り修理 ¥2,000(税抜)〜/m²

    雨漏りは天井以外にも壁から浸水する事もあります。原因を特定し、適正な工事を行います。

  • 防水工事 ¥2,000(税抜)〜/m²

    雨漏りの原因になる、コーキング処理やウレタン防水加工、シート防止などの工事を行います。

  • 屋根修理 ¥2,000(税抜)〜/m²

    屋根には様々な種類があり、修理方法や料金なども変わってきます。

サービスの流れ

  1. STEP01

    お問い合わせ

    雨漏りのトラブルでお困りの方はお気軽にお電話ください。トラブルの状況をお伺いいたします。

  2. STEP02

    スタッフが到着

    到着しましたら、まず名刺をお渡しします。その後現地調査をいたします。

  3. STEP03

    お見積り・作業説明

    現地調査後、正確な金額を提示いたします。作業内容もしっかり説明いたします。キャンセル頂いても料金はかかりません。

  4. STEP04

    作業・完了

    説明後に作業にとりかかります。無事に作業が完了しましたら、お支払いをお願い致します。

ここまでの作業は無料です

場合により料金が発生する可能性がございます。

トラブル解決&料金事例

屋根の雨どい修理

屋根修理 岡山県岡山市
ご相談内容
屋根の雨どいが詰まってしまったので、修理をお願いしたいです。
作業内容
屋根の雨どい修理のご依頼に対応いたしました。
実際の料金

雨どい修理

32,400円(税別)

屋根の雨どい修理

屋根修理 岡山県岡山市
ご相談内容
屋根の雨どいが壊れてしまったので、修理をお願いしたいです。
作業内容
屋根の雨どいが破損していたので、修理いたしました。
実際の料金

雨どい修理

27,000円(税別)

屋根瓦の修理

屋根修理 岡山県岡山市
ご相談内容
屋根瓦が一枚動いてしまったので、修理をお願いしたいです。
作業内容
屋根瓦の修理のご依頼に対応させていただきました。
実際の料金

屋根瓦の修理

25,000円(税別)

屋根瓦の修理

屋根修理 岡山県倉敷市
ご相談内容
屋根瓦がずれてしまったので、修理をお願いしたいです。
作業内容
屋根瓦がずれていたので、修理いたしました。
実際の料金

屋根瓦の修理

150,000円(税別)

雨漏りの修理

雨漏り修理 鳥取県東伯郡
ご相談内容
雨漏りが発生しているので、修理をお願いしたいです。
作業内容
屋根の雨漏り修理のご依頼に対応させていただきました。
実際の料金

雨漏りの修理

750,000円(税別)

屋根の雨どい修理

屋根修理 鳥取県鳥取市
ご相談内容
屋根の雨どいが折れてしまったので、修理をお願いしたいです。
作業内容
屋根の雨どいが破損していたので、修理作業を行いました。
実際の料金

雨どい修理

21,600円(税別)

岡山市お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報
    岡山市北区

    岡山市北区で屋根のトラブルがあり、業者を利用した時のことです。そのトラブルの内容は、屋根が老朽化し、雨漏りがするので、屋根の塗装を依頼し、工事をしてもらったところ、また雨漏りが発生したことです。原因としては、縁切りという屋根材と屋根材を塗料が埋めてしまったものを切り取っていなかったことです。私も当時はそういうことを知らず、見積りにも入っていなかったようなので、苦情を言いました。それで対応はしてくれましたが、手間がかかって本当に困りました。やはりこういうことは事前に説明しておいてほしいと思います。屋根トラブルが無いように工事業者を選ぶ際には事前によく確認しておくことが必要だと感じました。今後はこういうトラブルを予防していくつもりです。

  • エリア情報
    岡山市中区

    今年の梅雨の時期のことですが、買い物に出かけて家に戻ってみると、2回の寝室の床がびっしょりと濡れていました。ちょうどその上の天井のあたりから水がぽたぽたと落ちてきており、雨漏りしていることは一目瞭然でした。雨漏りはすぐに直さないと被害が拡大してしまうと以前本で読んだことがあったので、すぐに業者を呼びました。業者の方はすぐに駆けつけてくれて、すぐに梯子で屋根まで登ってシートをかぶせてそれ以上の雨漏りを防いでくれました。我が家は瓦屋根ですので、瓦が劣化してひび割れてしまったことが原因のようでした。結局、そのあと2日間雨が降り続いたので、瓦を交換してもらえたのは3日後のことでしたが、作業も丁寧に行っていただき雨漏りが再発することもなく満足しています。

  • エリア情報
    岡山市南区

    台風の多い季節でしたが大雨が続いた時、柱にシミのように濡れたあとが広がり『もしかして雨漏り?』と少し不安になりました。雨が上がってから、岡山市南区にある雨漏り専門業者に早速連絡。その日は時間も夕方になっていたこともあり、雨が降っていない時の方が良いとのことで、翌日来てもらうことができました。屋根に上がってきちんと調べてもらえましたが、まさかの瓦屋根のひび割れとのこと。さすがに屋根はすぐに直してもらいたいので、可能な限り早めの日程で修理を依頼しました。すっきりと晴れる日が少ないなか、屋根の下地の修理と瓦の交換できちんと直してもらうことができました。対応の良さと心意気のようなものがにじみ出ていて、この業者に頼んでよかったと感激しました。

  • エリア情報
    岡山市中区

    自宅は築年数も経っていて、数ヶ月前から大雨のあとポタポタと滴る箇所が気になるようになっていました。経年劣化と分かっていてもなかなか業者に依頼できずにいましたが、さすがに屋根が無くなったら困ると思い業者に依頼。調べた結果は、やはり老朽化による傷みで屋根の下地が劣化により色が変わっているとのこと。ここまでくると修理は早いほうが良いということで、早めの日程を組んでもらうことになりました。丁寧な調査と修理で、それからは雨が滴ることもなく快適に暮らしています。できれば建替えたいけれど、老朽化した家でもすぐに建て直すことは厳しいのです。建替えるまでには、また修理が必要なこともでてくると思いますが、依頼した修理業者の対応が良かったので、そのような業者さんならまた依頼したいものです。

  • エリア情報
    岡山市南区

    岡山市南区にある私が勤める会社の倉庫でのことです。屋根のトラブルがありました。その内容は、さびて雨漏りがしていました。業者を呼んで対処してもらうことになりましたが、屋根を塗り直ししてもらい、さび止めを塗ってもらいました。見積りを取りましたが、結構な額がするので、数社見積もって業者を選びましたが、とにかく、雨漏りは倉庫内に悪影響を及ぼすので、定期的に屋根の点検をしていくことになりました。やはり日頃からの管理とメンテナンス計画が必要だと思ったので、これからは担当者を決めて、しっかりと管理をさせようと考えています。業者に依頼する際にも仕上がり具合についてきちんと確認し、見積りの際にも、メンテナンスの条件について確認しておきたいと思っています。

雨漏りのお役立ち情報

  • 雨漏りを直接の補償対象とした「雨漏り保険」のような商品は存在しませんが、それに代わるものとして火災保険があります。住宅を購入した人の多くは火災保険に入っているでしょうが、もし加入していないのであれば将来の雨漏りに備えて加入するのがおすすめです。
    この記事では、火災保険でどのような場合に雨漏りが補償されるのか解説します。また、火災保険に入っていなくても補償されるケースがあるので、この点についても説明します。

  • 雨漏りトラブルは突然発生するものですが、マンションなどの大きな建物だと直接の原因がよくわからないことがあります。雨漏りの原因の多くは適切なメンテナンスを行っていなかったことで起きてしまいますが、その具体的な原因箇所は建物の状態や構造によってさまざまです。
    そこで、今回は建物の構造上の問題、施工上の問題、そしてメンテナンス不足の3つの点に分けて、原因不明の雨漏りがどこで起きやすいのかについて説明していきましょう。

  • 住宅の老朽化を除くと、雨漏りが起こる原因として多いのが「台風」です。
    台風は強風が吹くため、それが原因で屋根が損傷するケースがよくあり、そこから雨水が侵入して雨漏りが発生します。

  • どんな建物であっても新築から10年、20年と長い年月が経つにつれ、老朽化によるトラブルが起こりやすくなってくるものです。なかでも「雨漏り」は生活にも深刻な影響が出る重大なトラブルです。
    雨漏りは経年劣化によって起こりやすいトラブルの1つで、メンテナンス不足や建築部材や構造上の問題などによっても発生リスクが高くなります。
    そこで、ここでは具体的にどんな建物が雨漏りリスクが高いのか、いくつかのポイントを挙げてその原因について考えていきましょう。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方