雨漏りにはまずこうしよう!正しい応急処置を紹介

雨漏りに気付いたら早めに直したいものです。しかし、実は雨漏りの原因となっている箇所を特定したり修理したりするのは意外と難しいのです。
そのため、雨が降っている最中に修理するのはもとより、雨が止んでからでも自力で直そうとするのはおすすめしません。雨漏りに気付いたら、なるべく早めに信頼できる業者を探して依頼するのがベストです。
この記事では、プロに直してもらうまでの間、一般の人でもできる応急処置の方法について解説します。

目次

雨漏りが生じる場所とその原因

雨漏りの原因は?

雨漏りというと、天井から雨がポタポタと落ちてくるのをイメージする人が多いかもしれませんが、壁や窓で起こる雨漏りもあります。

天井から雨が落ちてくるタイプの雨漏りの場合、その多くは屋根に原因があることが多いです。
屋根が雨漏りの原因となっている場合は、屋根材の経年劣化によるひび割れや棟板金の浮き、スレートのひび割れ、漆喰の崩れ、屋根瓦のズレなどさまざまな原因が考えられます。

窓枠周りの雨漏りの場合は、窓とサッシの間にできた隙間から雨が浸入していることがありますし、他にも窓ガラスと窓枠のサイズが合っていない場合やコーキング剤の劣化などが原因となることがあります。

壁の場合は、ひび割れや外壁塗装の剥がれ、外壁材の劣化や防水効果の低下、コーキング剤の劣化などが考えられます。
大雨で雨が斜めに降っているとき、こうした症状があると壁の雨漏りは起こります。

また、ベランダのひび割れや、ベランダの端にある雨どいが枯れ葉などのゴミで詰まり、排水がうまくなされないことが雨漏りの原因になることもあります。
そのため、雨どいは定期的に清掃をして詰まりを防止するのが効果的です。

なお、目に見えた水漏れがなくても、室内がカビ臭いとか天井にシミがあるというときは、雨漏りが起きている可能性があります。
こうした場合はなるべく早めに原因を特定し、対処するのが良いです。

雨が降っている間の応急処置

天井から雨水が落ちてくるときは屋根に原因があることが多いと前述しましたが、言うまでもなく雨が降っている間に屋根に登って作業をするのは危険ですからおすすめできません。

雨が降っている間は雨水を受けるバケツを用意して、床に広がらないようにしましょう。
床が水浸しになれば、床の素材が傷んでしまいます。 また、バケツの下にはブルーシートやレジャーシートなどを敷きましょう。雨水は跳ねるので、バケツの外に飛び散るからです。
仮に屋根裏に入ることができるなら雨漏りしている箇所を探し、そこにバケツとブルーシートやレジャーシートを置くというのも一つの方法です。

窓で雨漏りが起きている場合は窓台に雑巾を敷いたり、床にブルーシートやレジャーシートを敷いたりするのが有効です。
窓台はバケツのような受け皿が置きにくいので、雨が止むまでこまめに水を拭き取ることが必要になるでしょう。
壁の場合も同様です。雨漏りがしている窓にカーテンがかかっている場合は外してしまうのがおすすめです。

また、雨漏りが起きている箇所の周辺にコンセントや配電盤がある場合は、そこが濡れてしまうと漏電や火災の原因になりますので、水がかからないように注意しましょう。
雨漏りの原因は家の外に出ないと普通は調べられませんので、雨が降っている最中に原因から対処するのは難しいといえます。

雨が止んだ後の応急処置

屋根から雨が入ってきているのではないかと考える場合、雨漏りの原因となっている箇所を正確に特定するのは難しいことが多いので、原因となっていそうな場所の周辺に広くブルーシートをかけるのが一つの方法です。

ブルーシートをかける際には、風で飛ばないようにするために土のうを置いたり、テープで固定したりする必要があります。
なお、土のうを作る際には袋の中に砂利を入れるようにしましょう。砂や土を入れてしまうと、土嚢袋の中に雨が入ったときに流れてしまい、雨どいや排水溝が詰まってしまうことがあるからです。

また、屋根に上って応急処置をするときは他にも注意点がいろいろあります。落下しないように細心の注意を払うのは当然ですが、瓦屋根の場合は瓦を踏んで割ってしまうと被害が拡大しますので、足を置くところを慎重に選ぶ必要があります。
棟板金が浮いているときに釘を打って対処する方法は、スレートまで貫通させて新たに雨漏りの原因を作ってしまう可能性がありますので、あまりおすすめできません。

見た目で原因と思われる箇所が特定できるなら、防水テープや粘着テープを貼って対処することができます。
テープを貼る前に対象となる箇所を雑巾で拭いて、ホコリや砂を取り除いてから作業してください。
自宅にコーキング剤とコーキングガンがあるなら、テープの代わりにこれらを使って隙間を埋めることでも対処できます。

まとめ

雨漏りを放置するとシミができるだけでなく、カビが繁殖したりシロアリ発生の原因となったりします。
漏電のリスクもありますし、建物の寿命を短くして資産価値を減らすことにつながりかねません。

雨漏りは原因を特定するのが難しいことが多く、一般の人が自力で修理するとかえって原因を広げてしまうこともあります。
そのため、雨漏りを発見したらなるべく早めに信頼できる業者を探して、修理を依頼するのがおすすめです。