雨漏りによるリフォーム費用の相場はどれくらい?

雨漏りの修繕費用は修理内容によって大きく変わり、数万円~200万円が相場です。
屋根瓦を一枚直すだけなら1万円前後で済みますし、屋根全体を修繕する必要がある場合は100万円を軽く超えるの費用が掛かります。

目次

雨漏りを侮るなかれ

雨漏りの修繕費用は屋根の損傷具合によって大きく変わります。
安い費用で済ませたい場合は素早く修繕に着手することが大切です。

一般的に修繕費用が高くなってしまうのは「知らない間に屋根がボロボロになっていた・・・」というケースです。
部屋の内装とは違って、屋根は毎日目にするわけではありません。
大抵は部屋の中まで水が入り込んでからはじめて雨漏りに気付くため、この状況になれば費用は最低でも数十万円を覚悟しなければなりません。

1~2年毎にチェックしましょう

雨漏りによる被害を最小限にとどめるには、早期発見がポイントです。
毎日屋根に上がって状況を確認できればいいのですが、これは現実的ではありません。
1~2年と年単位のスパンで業者に調査や屋根のメンテナンスを依頼しておけば、深刻な雨漏りの被害を被る前に他書することができます。

また、雨漏りの原因は住宅の老朽化だけではなく、台風などの自然災害もあります。
強風によって屋根のパーツが浮いてしまう、あるいは外部から飛んできた物が屋根に当たって屋根が破損し、そこから雨水が侵入することもあります。
大型の台風や突風、竜巻などが発生した後は、屋根に異常がないかを専門業者に調査してもらうと雨漏りの早期発見につながります。

雨漏りの調査費用は?

雨漏りをしているかどうかを調べるには、専門業者に依頼する必要があります。
屋根に散水をして雨漏りを調べたり、発光液を散水して水の流れを目視で確認するなど、いくつかの方法があります。
これらの方法で雨漏りを調査すれば原因箇所を特定できるメリットがある反面、費用が数万円~15万円掛かり、負担が大きいというデメリットがあります。

確実に雨漏りしていることがわかっているなら、コストを掛けて原因箇所を特定すべきですが、雨漏りしているかどうかわからない場合は、まず目視調査を依頼してみましょう。
目視調査は実際に見て確認する調査です。専門業者に屋根に上がってもらい、異常がないかどうかを確認してもらいます。
業者によっては目視調査を無料で引き受けてもらえるケースがあるので、低コストで気軽に相談したい場合は参考にしてください。

急な出費にはリフォームローン

雨漏りを調査してもらうと見積りを出してもらうことができます。
長年トラブルを放置していた場合、費用は100~200万円と高額になるケースも多く、負担が大きくなってしまいます。
費用が高く付くとしても、雨漏りを放置するわけにはいきませんが、高額な修理費用を家計では賄えない場合もあると思います。

もし火災保険に入っている場合は、保険内容を確認して自然災害による損傷に対しての補償があるかどうかを確認しましょう。
火災保険に加入していない、あるいは雨漏れの原因が保険の適用条件を満たしていない場合で、見積金額が大きい時にはリフォームローンがお勧めです。
大規模な雨漏り修繕費用を使途自由のキャッシングやカードローンで支払う方がいるようですが、当然これらの金利はとても高く設定されています。

一方、住宅のリフォームを目的としたリフォームローンはキャッシングやカードローンの金利に比べて金利が安いのでお得です。
もちろん雨漏りも住宅リフォームの一種なので、条件を満たしていれば融資を受けることができます。
火災保険(損害保険)の適用外、あるいは未加入で、高額な修繕費用に対応できない時は検討してみてください。

まとめ

雨漏りを甘く見てはいけません。損害が深刻になるに連れて修繕費用が高く付きます。
そうならないためには、常日頃から屋根の状態を気に掛かることが重要です。
雨漏りの疑いがある場合は、できるだけ早くJBRへご相談ください。