雨漏りの生活救急車は、の屋根のトラブル

解決No.1を目指しています

雨漏りの生活救急車は、下記エリアに対応しております

適正工事を行うので低価格 様々な雨漏りの修理や防水工事に対応します!

  • 雨漏り修理 ¥2,000(税抜)〜/m²

    雨漏りは天井以外にも壁から浸水する事もあります。原因を特定し、適正な工事を行います。

  • 防水工事 ¥2,000(税抜)〜/m²

    雨漏りの原因になる、コーキング処理やウレタン防水加工、シート防止などの工事を行います。

  • 屋根修理 ¥2,000(税抜)〜/m²

    屋根には様々な種類があり、修理方法や料金なども変わってきます。

サービスの流れ

  1. STEP01

    お問い合わせ

    雨漏りのトラブルでお困りの方はお気軽にお電話ください。トラブルの状況をお伺いいたします。

  2. STEP02

    スタッフが到着

    到着しましたら、まず名刺をお渡しします。その後現地調査をいたします。

  3. STEP03

    お見積り・作業説明

    現地調査後、正確な金額を提示いたします。作業内容もしっかり説明いたします。キャンセル頂いても料金はかかりません。

  4. STEP04

    作業・完了

    説明後に作業にとりかかります。無事に作業が完了しましたら、お支払いをお願い致します。

ここまでの作業は無料です

場合により料金が発生する可能性がございます。

お問い合わせ内容実績紹介

  • エリア情報

  • エリア情報

  • エリア情報

  • エリア情報

  • エリア情報

雨漏りのお役立ち情報

  • 雨漏りを直接の補償対象とした「雨漏り保険」のような商品は存在しませんが、それに代わるものとして火災保険があります。住宅を購入した人の多くは火災保険に入っているでしょうが、もし加入していないのであれば将来の雨漏りに備えて加入するのがおすすめです。
    この記事では、火災保険でどのような場合に雨漏りが補償されるのか解説します。また、火災保険に入っていなくても補償されるケースがあるので、この点についても説明します。

  • 梅雨の時期や台風の後など、天井からぽたぽたと落ちてくる雨漏り。放っておくと家全体がジメジメとして湿気が溜まり、カビやシロアリの発生原因にもなります。ひどくなってくると健康にも害を及ぼすため、早めに対処をしなければなりません。雨漏りをしている所にバケツを置いて水を溜めるだけでなく、根本的な解決方法を知りたいものです。ここでは、雨漏りの原因や自分でできる対処方法、専門業者への依頼などについて紹介します。

  • 賃貸住宅の場合、雨漏りの原因は老朽化や自然災害が多いため、修繕費用が自己負担になるケースはほとんどありません。
    しかし、マイホームの場合は施工不良の場合を除いて自己負担で修繕する必要があるので、しっかりと対策を覚えておきたいところです。

  • 雨漏りに気付いたら早めに直したいものです。しかし、実は雨漏りの原因となっている箇所を特定したり修理したりするのは意外と難しいのです。
    そのため、雨が降っている最中に修理するのはもとより、雨が止んでからでも自力で直そうとするのはおすすめしません。雨漏りに気付いたら、なるべく早めに信頼できる業者を探して依頼するのがベストです。
    この記事では、プロに直してもらうまでの間、一般の人でもできる応急処置の方法について解説します。

雨漏りのお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方